専守防衛の何が悪い?
<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小


スポンサーサイト
2016/07/26(Tue)

一定期間更新がないため広告を表示しています


投稿者:スポンサードリンク|カテゴリ:-

コメント:-|トラックバック:-
年間ベスト、こんな風に纏めたいです
2010/12/12(Sun)15:35
JUGEMテーマ:HR/HM
そろそろと、いろんな所で「年間ベスト」の記事を見かける様になりました。で、僕も今年「は」自分なりにまとめてみて、他の皆さんとおしゃべり出来たらなあと思います。

この後の「年間ベスト」の進め方纏め方は、僕はこんな感じにしたく思います;
いずれも、ベスト5とその他、という形にします。

 〆7鄰罎法崗緘彰Best Album」「上半期Best Tune」を抽出
◆〕莊鄙鞍召法峅屡彰Best Album」「下半期Best Tune」を抽出
 来月おわりに「2010年 Best Album」「2010年Best Tune」を抽出

僕はライブに行く/行かない に関係なく、割りと新譜にこだわってGetしてきましたが、大きく購入枚数が落ち込んだ昨年に比べ、今年はそれでも持ち直した感があります。ただ、評論家の大野祥之さんが仰っていた、「頭にこびりつくのはせいぜい年間4〜5枚」を越える事は、例年無くて、今年もやっぱりそうでした。

さて、ぼちぼち、振り返り作業に取り掛かってみます・・・

投稿者:X(Peke)|カテゴリ:ベスト●●

コメント:comments(2)|トラックバック:-
2009年 My Best Tunes 5 +α
2010/01/31(Sun)23:23
JUGEMテーマ:HR/HM
まずは指と頭のウォーミングアップっていうことで、
昨年に出会って聴いたなかで、気に入った曲5曲+α、ご紹介したく思います!

 DESTROPHY
'Story Of Your Life'

昨年10月にリリースされていた、セルフタイトルアルバムからの曲。

とにかくひたすらメランコリック。図太いバッキングに、繊細なメロディーが映える曲。このブログではまだご紹介していないですが、昨年出会った曲では、一番気に入りました。







INCURA
'Three'

2007年に自費出版製作されたアルバム、Swords, Souls, Secrets からの曲。

よく練られた、どこかシアトリカルとさえ感じる繊細なVoが紡ぎ出す叙情満載のメロディーと、ここというときの疾走感が堪りません。この曲も良く聴きました。まだ飽きないんですよね。



RENEGADE FIVE
Seven Days’

バッキングにほんのり漂うMetalcoreからの影響と、全体的なGothicからの影響と、彼らならではのメロディーを大切にした切ない歌が沁みます。アルバム全体もよく聴きましたし、やはりこの曲はいつ聴いても飽きません。



PRAYING MANTIS
'In Time'

沈黙の後に復活した彼らが贈る一枚は、ベテランバンドにありがちな「懐メロ」「使い回し」「落ち着き」な感覚が全く含まれておらず、気合の入った素晴らしい一枚と思います。そのオープニングを飾るこの曲、まさに彼らの復活を祝福するかのような、力強い曲となっています。







ENSIFERUM
Twilight Tavern

Finlandが誇るViking Metalの旗手。
3曲目に配されたこの曲は、曲の終盤に差し掛かるにつれて、一糸乱れぬ統制を見せながら、スピードが徐々に上がっていきます。掛け声が一杯フィーチュアされていて、Liveではめちゃくちゃ盛り上がりそうです。








このほかにも、昨年はかなり強烈な曲が一杯見つかり、個人的には豊作の一年でした。
上の5曲に負けるに劣らぬ曲を、ご紹介します。

AT VANCE
'Shiver'

アルバム 察,ら

IN THIS MOMENT
'Mechanical Love'

アルバム The Dream から

ACROPOLIS
'Atonement, Hear My Call'

アルバム The Aftermath から

FAIRYTALE
’Assault On The Shore’

アルバム Score To A New Beginning から

THE SORROW
'From This Day On'

アルバム Origin Of The Storm から


番外
いきものがかり
Yell

紅白で観て、感動してしまいました(^-^;
中学校の子らの目線からか、難しい言葉を使わずに、彼らの気持ちを言い当てているのかも。

「さよなら」と言う言葉をお互いのエールに代えて、中学生の子が抱く巣立ちの不安から、彼らが飛び立つ様を、素晴らしいメロディーに載せて聞かせてくれました。


投稿者:X(Peke)|カテゴリ:ベスト●●

コメント:comments(4)|トラックバック:-
最近乗せたアルバムの絵
MIND MAZE Back From The EdgeANTHROPIA-Non-Euclidean Spaces DEGREED We Dont Belong
ブログ村バナー
にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
にほんブログ村
最近のコメント
最近のトラックバック
プロフィール
QRコード
qrcode
スポンサー広告
Powered By JUGEM
無料ブログ作成サービス JUGEM