専守防衛の何が悪い?
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小


スポンサーサイト
2016/07/26(Tue)

一定期間更新がないため広告を表示しています


投稿者:スポンサードリンク|カテゴリ:-

コメント:-|トラックバック:-
ENSIFERUM / From Afar
2009/10/17(Sat)12:21
JUGEMテーマ:HR/HM
 気に入り度★★★★☆
Finland出身5人組、2009年リリースのスタジオFullアルバムでは4th、Melodic Viking/Folk Metal。素晴らしいアルバムと思います。

勇猛なストーリに先立つ少し長めのIntroのBy The Dividing Screamから立ち上がるFrom Afarから、劇的さ度合いを強烈に増したアレンジと音圧に圧倒されます。続くTwilight Tavernのテンポの良い疾走感と勇壮なクワイアが心地よいです。Heathen Throneでは絶妙のタイミングで疾走パートが切り込んできます。ハイライトは前半ですが、アコースティック楽器をふんだんに使ったSmoking Ruins、ラストのThe Longest Journeyまで、飛ばして聴く部分がありません。

前作よりSymphonic度合いが増した曲もあり、空間が埋まる事と、Keyの音色が北欧に多いひんやりしたタイプである事で、ドラマティシズムが増幅されるようです。スピードのあるパートを要所に配して、強烈なメロディーを疾走させて、高揚感を齎してくれます。曲中または曲ごとにつけられた緩急、特に「緩」部分でアコースティックアレンジや繊細な女声コーラスを含めること、サビに男声コーラスとクワイアを入れたり等、アルバムのメリハリがつき、気が付くと全編が満遍なく楽しめてしまいます。メロディーラインにはしっかりENSIFERUM節と言える特徴が根付き、チームワークが熟成を重ね、既存の味を維持しながら新たな味を生み出しうる、理想的なチームと思います。北欧メロデスの影響下の中に、ほんのりNWOBHMの雰囲気もあります。リコーダー・口笛・ギター・マンドリンなどなど、WUTHERING HEIGHTS程の硬軟の落差は無いものの、巧みなアレンジに身を乗り出します。

北米のヘッドライナーを務める彼ら、勇猛果敢で繊細なサウンドを引っさげ、世界を従える日がやがて来るかも??作品ごとに成長する彼らの本作を、まずは目一杯楽しみたいところです。

来日して!

投稿者:X(Peke)|カテゴリ:Northan Europe
スポンサーサイト
2016/07/26(Tue)

投稿者:スポンサードリンク|カテゴリ:-

コメント:-|トラックバック:-
コメント一覧
コメントを書く




最近乗せたアルバムの絵
MIND MAZE Back From The EdgeANTHROPIA-Non-Euclidean Spaces DEGREED We Dont Belong
ブログ村バナー
にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
にほんブログ村
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
プロフィール
QRコード
qrcode
スポンサー広告
Powered By JUGEM
無料ブログ作成サービス JUGEM