専守防衛の何が悪い?
<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小


スポンサーサイト
2016/07/26(Tue)

一定期間更新がないため広告を表示しています


投稿者:スポンサードリンク|カテゴリ:-

コメント:-|トラックバック:-
MIND MAZE / Back From The Edge
2015/05/17(Sun)23:17
MIND MAZE Back From The EdgeJUGEMテーマ:HR/HM 
気に入り度★★★★
USはペンシルバニア出身3人組による、2014年後半にリリースされた2nd、Prog風味もある、骨太正統派/Power Metal Album。
オープニングのタイトル曲Back From The Edge、そこから流れる様なThrough The Open Doorで聴き手のハートを鷲掴みしてくれます。繊細なPianoから劇的にスピーディーに展開するThe Machine Stopsもお勧めです。ひんやりしたKeyを絡めたミドルテンポのMoment Of Flight、力強く疾走するシンプルなDreamwalker、8分間で様々な展開を見せるラストのOnward(Destiny Calls II)まで、粒のそろったメロディーのいい曲がずらり並びます。

どっしりと腰を据えた、シンプルな重みのあるサウンドに、適度な疾走感。keyは鳴っているもののバッキングのほんのりした味付けなので、Symphonicでは無いです。音楽的な影響は諸先輩IRON MAIDENHELLOWEENDREAM THEATERから受け、そこに力強くしなやかな女声を中心に据えた印象です。Thanksリストから、地理的も音楽的にも近いARMORYのPower Metal的アプローチを感じます。MIND MAZEの楽曲で感じたのは、リズムチェンジを絡めた展開が多彩で、且つメロディーをかなりじっくり練り込んでいる所が見事です。転調もあざとくなく、意外性とメロディーラインの美しさでアピールしています。

ゲストミュージシャン筆頭のベーシストMike Lepondさんのラインがバキバキかなり強調されているのと、メインソングライターでリードギタリストJeff Teetsさんとゲストギタリストを絡めた流麗なツインリードがインスト部分でかなり目立ったので、IRON MAIDENが乗り移った様な瞬間にニヤリ。ただそれ以外では、Jeff Teetsさんのフレージングはしっかり個性を発揮して、図太いリフに流麗なソロに大活躍。ストーリーを歌い上げるSarah Teetsさんは中域を中心に、女性ならでは張りとつやのあるVoを披露しています。

モロ先輩の味と言う所から、今後どこまで抜け出せるか、しかもメロディーのクオリティーを落とさず、オリジナリティーを増していくかが、今後のポイントかも。本作には、Jens Johansenさんを始めとした多彩なゲストが楽曲を彩っていますが、それに引きずられず、MIND MAZEの楽曲の芯をブラさなかったのは立派です。かなりいい作品を作ってくれた彼ら、次作以降も、成長が楽しみです^^

投稿者:X(Peke)|カテゴリ:USA、Canada
スポンサーサイト
2016/07/26(Tue)

投稿者:スポンサードリンク|カテゴリ:-

コメント:-|トラックバック:-
コメント一覧
コメントを書く




最近乗せたアルバムの絵
MIND MAZE Back From The EdgeANTHROPIA-Non-Euclidean Spaces DEGREED We Dont Belong
ブログ村バナー
にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
にほんブログ村
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
プロフィール
QRコード
qrcode
スポンサー広告
Powered By JUGEM
無料ブログ作成サービス JUGEM