専守防衛の何が悪い?
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小


スポンサーサイト
2016/07/26(Tue)

一定期間更新がないため広告を表示しています


投稿者:スポンサードリンク|カテゴリ:-

コメント:-|トラックバック:-
ANTHROPIA / Non-Euclidean Spaces
2015/04/26(Sun)21:47
ANTHROPIA-Non-Euclidean SpacesJUGEMテーマ:HR/HM
気に入り度★★★★☆
FranceはNice出身、女性専任Vo1人を含む5人組による、2015年リリースのフルレンスでは3rd、Progressive Metal Album。驚きました、いやぁ、格段にスケールアップして化けましたねこりゃ。

単品で十分楽しめる曲がギッシリですが、特にイントロに続くThe Melancholy of RC、Official PVにもなっているドラマティックなCrawling Chaos、同じくPVとなった小気味良いThe Snake Denは強くオススメできます。9分の大曲に緩急を絶妙に織り交ぜたThe Part Of Them In Me、曲中盤のアコースティックギターのSpanish風ソロが疾走するFuocoなど、どの曲もかなりしっかり作り込まれ、聴き応えあります。

フルレンスでは前作The Chain Reactionから6年ぶりとなる本作、どの曲でも聴き手の耳を惹き付けて離さない魅力が一杯です。クトゥルー神話を展開するにふさわしい、強烈なドラマティシズム、点で収束するシャープで緊張感を湛えた演奏、そしてストーリーを運ぶ声には繊細さと透明感。すべての楽器がリードたりうる、テクニカルで流麗な演奏。これらの要素が、一筋縄ではいかない展開を持ちつつ、印象的で強烈なフックを備えたメロディーの上で、縦横無尽に、しかし計算され尽くされた上で暴れまわります。本人たちがMEGADETHから受けた影響は、切れ味鋭いリズムとリフに現れ、特にThe Snake Denのリフワークに顕著です。

前作では弱点に感じられたKai Hansen氏似のVo Hugues Lefebvreさんは、本作では若干サビでも高域をやや抑え気味に、極力強く歌えるようにメロディーラインを相当練ったのが伺えます。声をハモらせ、或いは女声Nathalie Olmiさんとデュエットさせたりと、中高域声質の細さを、透明感に変えるアレンジが絶妙です。二人のギタリストHugues LefebvreさんとYann Mouhadさんは二人ともかなりの実力者で、流麗で印象的なフレーズをユニゾンやソロでバッチリキメて、ドラマを盛り上げてくれます。

本作にはEdu Falaschiさんがゲスト参加して、ドラマを引き立ててくれています。ともすればバンドのVoを食っちゃう程の強力ゲストですが、物語の一部にきちっと収まり、役割の中で印象的にアピールしています。France出身と言えば他にはMANIGANCESPHERIC UNIVERSE EXPERIENCEなどが思い浮かびますが、取り入れた音楽的な影響は彼ら以上に幅広く、それらを消化した結果全く異なる個性を醸しています。僕はしばらく、このアルバムをがっつり聴き込みます。

投稿者:X(Peke)|カテゴリ:Latin Europe
スポンサーサイト
2016/07/26(Tue)

投稿者:スポンサードリンク|カテゴリ:-

コメント:-|トラックバック:-
コメント一覧
コメントを書く




最近乗せたアルバムの絵
MIND MAZE Back From The EdgeANTHROPIA-Non-Euclidean Spaces DEGREED We Dont Belong
ブログ村バナー
にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
にほんブログ村
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
プロフィール
QRコード
qrcode
スポンサー広告
Powered By JUGEM
無料ブログ作成サービス JUGEM