専守防衛の何が悪い?
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小


スポンサーサイト
2016/07/26(Tue)

一定期間更新がないため広告を表示しています


投稿者:スポンサードリンク|カテゴリ:-

コメント:-|トラックバック:-
HERETIC'S DREAM / Walk the Time
2015/03/15(Sun)19:12
JUGEMテーマ:HR/HM
気に入り度★★★★
ItaliaはRome出身の5人組による、2013年リリースの2ndフルレンス、Progressive Metal的なリズムのキレと曲展開を大胆に取り入れた、しなやかな女声を中心に据えたGothic Metal Album。CDと言うフォーマットで入手できず、Amazonからダウンロードしました。

アルバムのオープニングを飾るドラマティックで骨太な疾走曲Outcasted、続く軽快でしなやかで陰りのあるメロディーに優しい女声が乗るChains Of Bloodが出色。アコギとフルートがしっとり優しく包むBelieve In You、続く北欧Gothic風メロディーを淡々と歌い上げるShockwave、終盤でもの悲しいメロディーが躍動するBefore The Stormなど、曲の粒は揃っていると感じます。

音楽的なバックグラウンドには、Melodyの展開からはHeavinessを強調しない北欧Gothic風味を感じます。キャッチーだけど陰りのある、例えばNEGATIVEMERCENARYを足して2で割った雰囲気。それに、リズム隊のキレと変則的なリズムチェンジなどからはDREAM THEATER以降のProg Metal Bandからの影響を感じます。更に優しい曲からは、Italia周辺と見られるPop音楽と思われる独特のエッセンスを感じます。

Lead GuiteristのAndrej Sraceさんによる曲は、イントロから本編に移るのに、ガラッと雰囲気を変えて意表を突く展開もあり、メロディーの組み立てに懐の深さを感じます。VoのFrancesca di VenturaさんはOperaティックに地声を轟かせるタイプと異なり、Heavyな曲でもバラードでも普通で淡々としっとり歌い上げています。個人的にはPVでかっこ良かった、DsのDaniele Corteseさんが気に入りました。

気が付いたらリピートしていた、良いアルバムでした。彼らはこのあと新しいアルバムを間もなくリリースするようです。本作では強烈なインパクトを持つ曲が2曲、今後の期待につながるなと思いました。んー、次はちゃんとCDフォーマットでアルバムを届けて欲しいなぁ、ダメ?(笑)

投稿者:X(Peke)|カテゴリ:Latin Europe
スポンサーサイト
2016/07/26(Tue)

投稿者:スポンサードリンク|カテゴリ:-

コメント:-|トラックバック:-
コメント一覧
コメントを書く




最近乗せたアルバムの絵
MIND MAZE Back From The EdgeANTHROPIA-Non-Euclidean Spaces DEGREED We Dont Belong
ブログ村バナー
にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
にほんブログ村
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
プロフィール
QRコード
qrcode
スポンサー広告
Powered By JUGEM
無料ブログ作成サービス JUGEM