専守防衛の何が悪い?
<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小


スポンサーサイト
2016/07/26(Tue)

一定期間更新がないため広告を表示しています


投稿者:スポンサードリンク|カテゴリ:-

コメント:-|トラックバック:-
HERO / Immortal
2009/07/26(Sun)21:46
JUGEMテーマ:HR/HM
気に入り度★★★★
Sweden出身の現時点では4人編成、2009年リリースの2nd、Gothic風味を若干感じる、正統派Melodic Metal Album。

オープニングのImmortal、それに続くBlood Red Rosesで生と死を見つめるような歌詞と泣きを多分に含んだメロディーを溢れさせます。Keyのアルペジオとギターの流麗なソロが織り成す繊細なバラードのImagine Thisもお勧めです。Die!の掛け声が悲しいメロディーに乗るR.I.P、躍動感とHeavinessが印象的なGasoline、最後に弾けるようなRock The Worldなど、良いメロディーを持つ曲がずらり並びます。

サウンドの雰囲気はH.I.Mを更に正統派寄りに骨太に、少し武骨(ややどんくさいというか垢抜けない)にした感があります。メロハー的な印象からはBallad以外では遠く、歌詞と音質共にHeavinessを押し出しています。バンドの中心には、現在はStockholmで若手の指導に当たっていると言うMichael Heroさん、リードギターとVo、そして作詞作曲を一手に引き受けているようです。彼の作る曲はラストのメジャーキーの曲以外では、失望や悲しみを前面に出した歌詞とそれを増幅するような湿り気充分のメロディーが満載。展開の中できらりと光るHeroさんの流麗なGuiter Soloも特筆でき、Yngwieさん流のフレーズながら、展開に応じて押し引きを柔軟に使いこなした印象的なフレーズがきっちりハマっています。

武骨さは音作りに由来しているのかも、リズムセクションのハイハットをビシビシ効かせて、スネアの低音と残響を強調した、いわゆるドンシャリな音処理が特徴です。そしてコーラス部分の重ね方にやや雑さを感じてしまう箇所が残ってしまっています。全体的な雰囲気やメロディーはかなり練られた感が有るだけに残念です。ただ、個人的には本作ではマイナス面も含めて魅力のほうが勝って居て、次作も楽しみです。

投稿者:X(Peke)|カテゴリ:Northan Europe
スポンサーサイト
2016/07/26(Tue)

投稿者:スポンサードリンク|カテゴリ:-

コメント:-|トラックバック:-
コメント一覧
コメントを書く




最近乗せたアルバムの絵
MIND MAZE Back From The EdgeANTHROPIA-Non-Euclidean Spaces DEGREED We Dont Belong
ブログ村バナー
にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
にほんブログ村
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
プロフィール
QRコード
qrcode
スポンサー広告
Powered By JUGEM
無料ブログ作成サービス JUGEM