専守防衛の何が悪い?
<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小


スポンサーサイト
2016/07/26(Tue)

一定期間更新がないため広告を表示しています


投稿者:スポンサードリンク|カテゴリ:-

コメント:-|トラックバック:-
DARKTHRONE / The Underground Resistance
2013/10/20(Sun)02:27
DARKTHRONE_The Underground ResistanceJUGEMテーマ:HR/HM
気に入り度★★★★   
Norge出身の2人組による、2013年リリースのスタジオアルバムでは13枚目、本作は・・・Authentic/Power Metal Album。

1stの頃のDIOを彷彿する正統派然としたDead Earlyが多くのDARTHRONEファンをパニックに陥れそう。疾走するリフに伸びやかな中高域Voが乗るValkyrie、押せ押せの快速パートを擁するThe Ones You Left Behind、疾走パートとずしりとしたミドルテンポを組み合わせた長尺曲Leave No Cross Unturnedが特に気に入りました。

1980年代から活動している古株で、本作から感じたのは、1980年代初期の、VENOMや初期HELLOWEENMERCYFUL FATEDIO、Satanicな雰囲気を漂わせたCELTIC FROSTSLAYERPOSESSEDといったバンド群の影響。即ち彼らの音楽的ルーツを構築しているバンド群と想像します。不穏さ・禍々しさを漂わせつつも、それで全編が塗り潰される訳ではなく、伸びやかさ・明るさをアルバムの所々に分散させています。また、とても歯切れよく突進する展開がたっぷり盛り込まれていて、よく練られたカッコいいリフがどんどん溢れ、とても気持ちよく首が振れてしまいます。

収録曲がたったの6曲。本当にこれはフルアルバム!?と目を疑いますが、アルバムのケツ2曲が8分、13分と長尺となっていて、収録時間が41分と帳尻が有ってました(笑)。4〜5分台の曲ではシンプルかつ押しの強い構成で、一気に耳にサウンドを突っ込みます。長尺の曲では、2〜3個のリズムの異なるシンプルな小曲をつなぎ合わせてますが、緩急を絶妙に組み合わせており、退屈させずに楽しませてくれます。

プリミティブ・ブラックと言われた彼らの元々の音楽性は、リフに仕込まれた、禍々しさを演出する不穏なニュアンスと、録音の悪いナレーションの様な歌の一部に留まっています。概ねクリアなサウンド、ラウド且つタイトなリズム隊、切れ味とメロディーを纏ったリフ、全体としてPower Metalの範疇で楽しめるサウンドです。

「こんなのDARKTHRONEじゃない!」と仰る方も大勢いらっしゃいそうですが、彼らは長いキャリアで音楽性を変遷させていた経緯が有り(Wikiから)、本作もその一環に過ぎないかも。本作の音楽性が次作に踏襲されるとは限らないでしょうが、とりあえず素晴らしいPower Metalの好盤をしっかり楽しめました。

投稿者:X(Peke)|カテゴリ:Northan Europe
スポンサーサイト
2016/07/26(Tue)

投稿者:スポンサードリンク|カテゴリ:-

コメント:-|トラックバック:-
コメント一覧
コメントを書く




最近乗せたアルバムの絵
MIND MAZE Back From The EdgeANTHROPIA-Non-Euclidean Spaces DEGREED We Dont Belong
ブログ村バナー
にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
にほんブログ村
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
プロフィール
QRコード
qrcode
スポンサー広告
Powered By JUGEM
無料ブログ作成サービス JUGEM