専守防衛の何が悪い?
<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小


スポンサーサイト
2016/07/26(Tue)

一定期間更新がないため広告を表示しています


投稿者:スポンサードリンク|カテゴリ:-

コメント:-|トラックバック:-
DERIDE / The Void
2013/09/19(Thu)23:03
DERIDE The VoidJUGEMテーマ:HR/HM
気に入り度★★★★   
NorgeはBergen出身4人組による、2012年リリースのフルレンスでは3rd、Death/Groove Metal Album。

重々しいシャッフルにグロウルが炸裂するDeathshake、緩急自在に展開する曲に切り裂くVoが暴れまくるI Rage、Thrash/Power Metal的なキレのあるリフに弾むようなリズムが心地よいOnly One、ユニークなリフのFallen、テンポよくカッコいいリフがどんどん溢れるDevil In Me、などが気に入りました。北欧風ネオクラ風ギターとMetalcoreのミスマッチがインパクト大All Must Be RevealedMEGADETHHunger 18に近い雰囲気のLesson Learnedなど、かなり聴き応えが有ります。

本人たちがBioで言う通りです。現代のMetalcore/Mixtureな雰囲気を、Voを中心にした雰囲気や図太い音作りへ盛り込んでいます。曲の骨格にあたる部分には、例えばSPIRITUAL BEGGERSが持つ70年代的古めかしいグルーブ感、Thrash/Power Metalが持ち合わせていた80年代的音圧とリズムのキレ、をかなり強く感じます。現代のサウンドと過去のエッセンスとのバランス具合では、僕が知る限りDenmark出身のHELHORSEやSweden出身のDEATH BREATHに近い物を感じますが、DERIDEの方がより、US産Metalcore的な迫力やクリアさを多く持ち合わせて、立ち位置を異にしていると感じます。

ルーツの「引き出し」が相当豊富なため、曲単位或いは曲中にもかなり起伏に富んだ構成を持ち込んでおり、アルバム単位ではダークでグルーヴィーな印象に染まっていても、聴き飽きることなく最後まで楽しめます。

多少残念なのは、アルバム3〜5曲目でミドルテンポの曲の持つメロディーに抑揚があまり感じられず、その部分だけ印象に残りづらくなっています。非常に惜しいですね。今後、彼らが成長する上での、大きな改善代になると思います。今後の成長が見込める、良いバンドと思いました。 

投稿者:X(Peke)|カテゴリ:Northan Europe

コメント:comments(0)|トラックバック:-
スポンサーサイト
2016/07/26(Tue)

投稿者:スポンサードリンク|カテゴリ:-

コメント:-|トラックバック:-
コメント一覧
コメントを書く




最近乗せたアルバムの絵
MIND MAZE Back From The EdgeANTHROPIA-Non-Euclidean Spaces DEGREED We Dont Belong
ブログ村バナー
にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
にほんブログ村
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
プロフィール
QRコード
qrcode
スポンサー広告
Powered By JUGEM
無料ブログ作成サービス JUGEM