専守防衛の何が悪い?
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小


スポンサーサイト
2016/07/26(Tue)

一定期間更新がないため広告を表示しています


投稿者:スポンサードリンク|カテゴリ:-

コメント:-|トラックバック:-
ARRAYAN PATH / IV- Stigmata
2013/07/29(Mon)22:37
ARRAYAN PATH_IV- StigmataMINI.jpgJUGEMテーマ:HR/HM
気に入り度★★★★  
Cyprus出身、本作制作時点で4人組による、2013年リリースの4th、Epic Power Metal Album。

シャッフルからサビでツーバス疾走に移るドラマティックなThe Bible Bleeds、クラシカルなフレーズが効いているMidnight and the First-Born Massacre、キリストを売った物語をメランコリックに歌い上げるJudas Iscariot、この連続した3曲がハイライトです。隠し味的な中東的旋律が印象的な疾走曲Cursed CanaanMystic Moon、メロディーと展開力の魅力を封じ込めたオープニングClepsydra、リックにIRON MAIDENのオマージュを感じるDisguising your Soulなど、全編聴き応え充分。

このバンドは、キプロスからUSはBostonへ渡った、現在の中心人物Nicholas LeptosさんとClement Fungさんから成るプロジェクトARRYAN PATHが母体です。その後本拠を再びキプロスに移してNicholasさんの兄弟Socrates Leptosさんらが活動を支え、2011年以降はバンド名を現在のARRAYAN PATHに変更し、Demoやアルバムをリリースするなど活動しています。

最初に一通り聴いたとき、Italiaのバンドかと思いました。彼らのBioとアルバムのサウンドから推察するに、RHAPSODY OF FIREKAMELOTのEpic Metal的な荘重なアレンジ、HELLOWEENの持つメロディアスに疾走する展開、IRON MAIDENの正統派的アプローチやギターフレーズ、これらを反映していると思われます。特に全体的に、Fabio Lioneさんの声質に似た中高域のVoで伝説や戦闘を雄々しく歌い上げている所は、Italiaの同系バンドへの共通項を強く感じます。中東的な音階を持つ曲には、トルコを始めとした中東に近い地域性が伺えます。他の曲でも、諸先輩からのオマージュとは明らかに異なるメロディーは、貴重な個性となっています。

キプロス出身と侮るなかれ、伸びやかなで爽やかなVo以外にも、Guiterもテクニカルで美しいフレーズを連発させていて、確かな実力を伺わせます。彼ら独自の味を持つメロディーに今後磨きが掛かる事で、「突き抜けた何か」になり得るポテンシャルを感じます。今後も聴き続けたくなる、良いアルバムに出会えたと思います。 

バイオに関する出展:
https://www.facebook.com/arrayanpath/info
http://www.rockcyprus.net/2011/ArrayanPathIssue/ArrayanPathIssue.htm
http://www.metal-archives.com/bands/Arrayan_Path/13244
http://www.pitchblackrecords.com/artists/arrayan-path/#.UfkEeW1rQrU
http://www.reverbnation.com/arrayanpath

投稿者:X(Peke)|カテゴリ:East Europe And CIS
スポンサーサイト
2016/07/26(Tue)

投稿者:スポンサードリンク|カテゴリ:-

コメント:-|トラックバック:-
コメント一覧
今晩わ、こちらでは初めまして。どうも2作目のアルバムで大化けしたのと、バンド名を変えてリリースしたアルバムがかなり評判になった、と分かりました。過去の作品も、機会があれば手に取りたいと思います。

USはボストンにわたっていたこと示す記事は、彼らのFacebookの基本情報の中にありました。その時のバンドの母体は彼の兄弟ではなく、Clement Fungさんと分かったので、これは修正しました。彼らはマトモなBioが無く、いろんなページを探しては読んでつないで確認しました。

X(Peke)│2013/07/31(Wed)23:39│ 編集する
ARRAYAN PATH(ARRYAN PATH) のアルバムは、いずれも人にお勧めできる良盤だと思います。
 自分は、ヴァゲリス・マラニス(元 SANVOISEN のヴォーカリスト)の繋がりからこのバンドの存在を知りました。


>レプトス氏が、アメリカはボストンに渡っていた
 その情報、初めて知りました! これまで目にしたことが無かったのですが・・・ 宜しければ情報の出展元を教えて頂けないでしょうか?

 それでは。

KnackValm│2013/07/31(Wed)11:28│ 編集する
コメントを書く




最近乗せたアルバムの絵
MIND MAZE Back From The EdgeANTHROPIA-Non-Euclidean Spaces DEGREED We Dont Belong
ブログ村バナー
にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
にほんブログ村
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
プロフィール
QRコード
qrcode
スポンサー広告
Powered By JUGEM
無料ブログ作成サービス JUGEM