専守防衛の何が悪い?
<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小


スポンサーサイト
2016/07/26(Tue)

一定期間更新がないため広告を表示しています


投稿者:スポンサードリンク|カテゴリ:-

コメント:-|トラックバック:-
GFF / Ice On Fire
2013/07/20(Sat)17:35
GFF Ice On FireMINI.jpgJUGEMテーマ:HR/HM
 気に入り度★★★★ 
ドイツはRatisbon出身4人組による、2013年リリースの5枚目、Pop/Punk Rock Album

オープニングからキャッチーで勢いのあるタイトル曲Set Ice On Fireがお出迎え。陰りのあるメロディーと含蓄のある歌詞が相乗効果をもたらすBroken Man、爽快にメジャーキーで疾走するKeep The Lights Onがとても良い。楽しげな曲調を愉快に疾走させるJACKSON 5のカバーI Want You Backがかっこよくて爽快。シャッフルで軽快にさりげなくさらっと主張する**** What You Say、ハイウェーを気ままに突っ走るが如く疾走するMy Land Of The Freeなど、聴き応えあります。

本人たちのバイオなどにはGREEN DAYなどが挙げられ、本人たちもPunkの精神を感じて欲しいと、強く主張しています。僕個人としては、シンプルな音作りと素朴な展開とかなり勢いのある曲作りに、どこか初期RIOTに通じる雰囲気を感じました。Punkと言いつつ、ちゃんとギターソロが入っているのがちょっとメタルっぽい。また、チーフプロデューサーはRyan Greeneさんで、MEGADETHAlice Cooperなどを経験している為、アレンジの持ち味が元々メタリックなのかも、

ガツンと高速で突っ走る曲は、メタルとは違った、THE OFFSPRINGSUM 41などのメロディアスな曲の印象と重なります。サビのコーラスは掛け声以外にも綺麗に揃っていて、もしライブで実現出来たら、かなり盛り上がると思われます。シンプルなだけに、メロディーの練り込みが作品の完成度に大きく影響する所、本作はどこを取ってもちゃんとしっかり練られてます。染み込みやすくキャッチーな曲の質とテンションは、アルバム最後までしっかり続きます。

11曲で40分に満たない、コンパクトでキャッチーで、だけどしっかりエッジとパワーを兼ね備えている、粒のそろった曲にはかなり満足です。良いアルバム、良いバンドだと思いました。

投稿者:X(Peke)|カテゴリ:Middle Of Europe
スポンサーサイト
2016/07/26(Tue)

投稿者:スポンサードリンク|カテゴリ:-

コメント:-|トラックバック:-
コメント一覧
コメントを書く




最近乗せたアルバムの絵
MIND MAZE Back From The EdgeANTHROPIA-Non-Euclidean Spaces DEGREED We Dont Belong
ブログ村バナー
にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
にほんブログ村
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
プロフィール
QRコード
qrcode
スポンサー広告
Powered By JUGEM
無料ブログ作成サービス JUGEM