専守防衛の何が悪い?
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小


スポンサーサイト
2016/07/26(Tue)

一定期間更新がないため広告を表示しています


投稿者:スポンサードリンク|カテゴリ:-

コメント:-|トラックバック:-
NOVUS DAE / Rorschach
2013/01/20(Sun)18:18
JUGEMテーマ:HR/HM
気に入り度★★★★   
USはコネチカット出身4人組による、2012年リリースの3rd、Emo/Alternative Rock、Hard Rock Album。

物悲しい旋律がEmoく迫るオープニングBBT、リズムの裏表が絶妙に入れ替わるNew Beginnings、アコースティックギターとストリングスの悲しいメロディーが沁みるRotalyなどが特に気に入りました。時を刻むようなイントロのUnravel、サビのリズムチェンジが絶妙なタイトル曲Rorschach、曲後半でコーラスとギターソロが胸に迫るFracture、叩きつけるようなVoのTwisty Ties、緩急と沁みるメロディーを組み合わせたOversramaticなど、いい曲がいっぱい入ってます。

Emo/Alternativeの表現方法、たとえばリフのパーツだったり、スクリームやグロウルの入れ方だったりをたっぷり取り入れつつ、スピード感に頼らずにMiddle Tempoを中心に曲を構成し、インストの小曲を挟み込んで、曲間を繋ぐ手法も巧く取り入れ、MelodicなHard Rockを構築しています。JUST SURRENDERCOHEED AND CAMBRIAなどよりも、ダイナミズムを抑えながら、メロディーをじっくり煮詰めて物悲しさの濃度を上げてリズムに乗せている感じです。バンドとして3作目となる本作では、シンプルでストレートなほかのバンドと異なる、裏と表のリズムをコロッと変えたり、ちょっと変わったリズムパターンをさりげなく差し込んできます。コンパクトな曲の中にきっちりハイライトを際立たせるメロディーとコーラスの作り込みが見事です。物悲しいメロディーは、人間の内面の暗部をえぐる歌詞を乗せて更に引き立つようです。

音作りでは、大手レーベルが音圧を掛けて図太く作り上げているのとは対照的に、本作ではクリアで分離を重視した、隙間の多いサウンドになっています。自主制作盤で、プロデュース面では物足りないと感じられる人も居るかもですが(もしかしたら、ライブではかなり迫力と勢いのあるサウンドかも)、個人的には良いメロディーがどの曲にもしっかり息づいている本作は、一撃必殺の曲は無いものの、今の所手近にとっておきたい一枚です。かなり楽しめました、いいアルバムだったと思います。 

投稿者:X(Peke)|カテゴリ:USA、Canada
スポンサーサイト
2016/07/26(Tue)

投稿者:スポンサードリンク|カテゴリ:-

コメント:-|トラックバック:-
コメント一覧
コメントを書く




最近乗せたアルバムの絵
MIND MAZE Back From The EdgeANTHROPIA-Non-Euclidean Spaces DEGREED We Dont Belong
ブログ村バナー
にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
にほんブログ村
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
プロフィール
QRコード
qrcode
スポンサー広告
Powered By JUGEM
無料ブログ作成サービス JUGEM