専守防衛の何が悪い?
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小


スポンサーサイト
2016/07/26(Tue)

一定期間更新がないため広告を表示しています


投稿者:スポンサードリンク|カテゴリ:-

コメント:-|トラックバック:-
FREEDOM CALL / Land Of The Crimson Dawn
2013/01/19(Sat)01:06
JUGEMテーマ:HR/HM
気に入り度★★★★    
ドイツ出身4人組による、2012年リリースのスタジオアルバム7作目、Melodic Speed Metal Album。

Video Clipにもなっている、今のMetalのテーマや立ち位置を歌ったRock Stars、彼ら得意のWarriorコールがこだまする66 Warriors、みんなが大好きなラジオを取り上げたRockin' Radio、最後まで楽しく〆るPower & Gloryなどが特に耳に残りました。のっけから爽快に疾走するメタルアンセムAge Of The Phoenix、彼らと言えば「王国」でお約束のValley Of Kingdom、疾走曲が転調でさらに盛り上がるSpace Legendsなどなど、聴きどころは満載でした。

これまでは伝説や神話の世界を雄々しく歌い上げていた彼らは、今回はそういうVirtualな世界を外側から見た時の、ギミックと分かりながらそこに楽しく没頭する人や、その世界を作り上げている人たちの姿を、メンバー自らがその主演になりながら語りかけてくる感じがします。音楽的には、1st〜3rdあたりですでに熟成されていて、前作のほぼ延長上と感じました。すなわち、劇的なMelodic Speed Metalを軸に、作った時のMetal周辺の影響や空気を吸い込ませた印象です。ただし、今回は現代が一つのキーワードになっているのと、雄々しい合唱と一緒に、声を合わせて楽しく歌うのを主眼にしているように感じます。毎度彼らのアルバムにはしっかりしたブックレットが付いていながら、しっかり読まなかったりしますが、本作は歌詞も一緒にかみしめることで。「そうそう、そうだよなあ!」と共感できる歌詞が所狭しと並んでいます。

FREEDOM CALLがこれまでも楽しめた方々には、本作も安心して楽しめると思います。個人的には、サウンドと一緒に、歌詞の味を同時にかみしめることで、歌詞とメロディーの双方が補い合い高めあっているのに気付けると思います。明るく前向きなメタルアンセムを、本作もしっかり楽しめました。

投稿者:X(Peke)|カテゴリ:Middle Of Europe
スポンサーサイト
2016/07/26(Tue)

投稿者:スポンサードリンク|カテゴリ:-

コメント:-|トラックバック:-
コメント一覧
コメントを書く




最近乗せたアルバムの絵
MIND MAZE Back From The EdgeANTHROPIA-Non-Euclidean Spaces DEGREED We Dont Belong
ブログ村バナー
にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
にほんブログ村
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
プロフィール
QRコード
qrcode
スポンサー広告
Powered By JUGEM
無料ブログ作成サービス JUGEM