専守防衛の何が悪い?
<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小


スポンサーサイト
2016/07/26(Tue)

一定期間更新がないため広告を表示しています


投稿者:スポンサードリンク|カテゴリ:-

コメント:-|トラックバック:-
CROWN THE EMPIRE / The Fallout
2013/01/02(Wed)23:25
JUGEMテーマ:HR/HM   
気に入り度★★★★☆    
US出身の2人のVoを含む6人組による、2012年リリースの1st、Metalcore/Emo Metal Album。久々に強烈なMetalcoreアルバムだと思います。

インストOh Catastropheに続くタイトルTune The Falloutから彼ら流の暴虐と慟哭の世界が開幕、全てを殴り倒すグロウルからメランコリックな普通声Memories Of A Broken Heartへの流れが強烈。更にMakeshift Chemistryでのスピードアップでカタルシスに浸れます。キャッチーなメロディーと緩急が効くTwo's Too Many、Piano一本と熱唱が泣けるThe One You Feed、泣きそうなイントロから炸裂するEvidence、ラストのコミカルでメロメロなJohnny's Revengeも強烈。躍動するパートでのコーラスとオーケストレーションが耳に刺さるMenace、のっけから図太く疾走するChildren Of Love、もうすべて全く隙が無い、超高品質ですね、個人的には。

第一印象はMetalcoreからメランコリックな旋律を蒸留したスタイル、1stの頃のDESTROPHYだったり、昨年のWE CAME AS ROMANSに相通じる姿勢を感じます。とにかく全編これ、泣き、泣き、号泣です。メランコリックな旋律が次から次へとどくどく溢れて来て、その泣き具合は前述のバンド達を凌駕してます。ひんやりして荘厳なKey、弦楽器風オーケストレーション、或いは繊細なPianoが、バックをさりげなく埋めて、中高域での普通声でパワーバンド一杯に歌い上げたと思うと、はち切れそうなグロウルが炸裂します。楽曲のバリエーションは、Metalcoreのスピードダウンしたとき特有の低音域中心の這い摺るリフをベースに、時折見せる疾走感や、他のAlternativeバンドの様なキャッチーさをバックで見せ、ともすれば単調になりがちな展開に変化とフックを与えていると思います。

凄まじい完成度を誇る楽曲に完全にやられました。昨年の末に、良いアルバムに出会えて本当によかった。これからHeavy Rotationに入って、今年の前半は少なくとも毎月聴いていそうです。

投稿者:X(Peke)|カテゴリ:USA、Canada
スポンサーサイト
2016/07/26(Tue)

投稿者:スポンサードリンク|カテゴリ:-

コメント:-|トラックバック:-
コメント一覧
コメントを書く




最近乗せたアルバムの絵
MIND MAZE Back From The EdgeANTHROPIA-Non-Euclidean Spaces DEGREED We Dont Belong
ブログ村バナー
にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
にほんブログ村
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
プロフィール
QRコード
qrcode
スポンサー広告
Powered By JUGEM
無料ブログ作成サービス JUGEM