専守防衛の何が悪い?
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小


スポンサーサイト
2016/07/26(Tue)

一定期間更新がないため広告を表示しています


投稿者:スポンサードリンク|カテゴリ:-

コメント:-|トラックバック:-
SILVER MOUNTAIN / Shakin' Brains
2012/11/07(Wed)00:04
 JUGEMテーマ:HR/HM
気に入り度★★★★    
Sweden出身4人組による、オリジナルは1983年リリースの1st、Neo-Classical Hard Rock Album。

オープニングでフランス国歌をあしらった1789、リーダーJonas Hanssonさんのネオクラシカルフレーズが炸裂するAftermath、スピード感溢れるスリリングなNecrosexual Killer、Pianoのフレーズが曲後半で軽やかに疾走するVikings、ラストでやはり疾走して締めくくるKeep On, Keepin' Onは特に気に入っています。躍動感もありシャッフルが親しみやすいDestruction Song、曲最後でギターソロがてんこ盛りのLooking For Youなど、おすすめできる曲が多いです。

リリース当時、Music Life誌酒井氏をしてYngwie Malmsteen氏を「屁」にさせてしまったバカテクguiterist Jonas Hansson氏、本作がまさに飛躍の足ががりとなったバカテクKeybordist Jens Johansson氏を擁したSHILVER MOUNTAINのデビュー作。80年代中盤の北欧メタルの波の中、北欧メタルのイメージそのまま、すなわちDEEP PURPLERAINBOWのクラシカルフレーバーを、北欧の地で取り込んで曲にした、寒々とした或いは透明感のある音階を持ったメロディーを持った曲が並びます。スピード感を持った曲が多いと感じられ、そこにJonasさんとJensさんの手数が多く流麗でひたすら美しいユニゾンが、或いはソロが、バトルが繰り広げられ、曲のテーマや歌は二の次、高速で美しいフレーズを本作の至る所で堪能できます。

作品の出来と言う客観的な見方をすると「★★★〜★★★☆」が妥当なのではないかと。カッコいいアルバムではあるのですが、曲の作り・練り込み具合は荒く、プロデュースも当時の時間と金の問題で甘く、更にVoは頑張ってはいるのが解るのですが、籠り気味で抜けの悪い声質(生まれつきなのである意味仕方が無い)で、音程がやや不安定という欠点をもっています。本作を全く知らない人は、どこかで買う前に試聴できると良いかもしれません。欠点を補って余りあるスリリングで流麗な演奏と、鏤められた北欧然とした美しいメロディーは、その手の好きな人たちを虜にする魅力に溢れているかと思います。


投稿者:X(Peke)|カテゴリ:Northan Europe
スポンサーサイト
2016/07/26(Tue)

投稿者:スポンサードリンク|カテゴリ:-

コメント:-|トラックバック:-
コメント一覧
コメントを書く




最近乗せたアルバムの絵
MIND MAZE Back From The EdgeANTHROPIA-Non-Euclidean Spaces DEGREED We Dont Belong
ブログ村バナー
にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
にほんブログ村
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
プロフィール
QRコード
qrcode
スポンサー広告
Powered By JUGEM
無料ブログ作成サービス JUGEM