専守防衛の何が悪い?
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小


スポンサーサイト
2016/07/26(Tue)

一定期間更新がないため広告を表示しています


投稿者:スポンサードリンク|カテゴリ:-

コメント:-|トラックバック:-
KNIGHT FURY / Time To Rock
2012/09/12(Wed)21:16
JUGEMテーマ:HR/HM
気に入り度★★★★   
USはCalifornia出身の5人組、2012年にリリースされた1st、正統派Heavy Metal Album。

シャッフル調の正統派三連符がかっこいいAttack、正統派の枠内でスピード感を感じるThe Message、ドラマティックなEndless Nightが特に耳に残りました。NIGHT RANGERを思い出させてくれたBeliebe、鼻に抜ける歌い方がDon Dokkenさんを彷彿するTime To Rock、オープニングで彼らを知らしめるNothing Leftなど、全体によく纏まっていると思います。

バンド名の上にギタリストChris Sandersさん(2007年から2010年までLIZZY BORDENに在籍)の名を冠した本作は、BassにMEGADETHDavid Ellefsonさん、Dsに現Alice Cooperの名手Ken Maryさんを従え、実力派Vo William Kingさんとクラッシックの素養を持つkey奏者 Adam EmmonsさんとChrisさんから成るKNGHT FURYは、そのジャケットの持つ雰囲気そのままの、ドコドコ突っ走らないオーソドックスでかっちりした正統派サウンドを擁しています。流麗でテクニカルで舞うようなリードギター、陰りのある欧州風のメロディー、Tobias Samettさんの声質でGeoff Tateさん風に高域で力強く歌い上げるVo、華美になりすぎず堅実なkeyなど、正統派のおいしい上澄みを掬い取ってかっこよく仕上げた感があります。特定のGroupを想起させる部分は少なく、ギターとDsのバランスにKen Maryさんがかつて在籍したFIFTH ANGELを思い起こしました。

突き抜けた超名曲は感じられませんでしたが、全体的に正統派の枠内でそつなく高レベルで纏まった良いアルバムだと思いました。個人的には一連のFIFTH ANGELのアルバムに引けを取らないとすら思います。ただ、以前にCONSFERACYのアルバムに感じたように、このタイプの音は今のUSでは受けないんだろうかな。良いアルバムですが勿体無いですね、僕は好きですよ。

投稿者:X(Peke)|カテゴリ:USA、Canada
スポンサーサイト
2016/07/26(Tue)

投稿者:スポンサードリンク|カテゴリ:-

コメント:-|トラックバック:-
コメント一覧
コメントを書く




最近乗せたアルバムの絵
MIND MAZE Back From The EdgeANTHROPIA-Non-Euclidean Spaces DEGREED We Dont Belong
ブログ村バナー
にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
にほんブログ村
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
プロフィール
QRコード
qrcode
スポンサー広告
Powered By JUGEM
無料ブログ作成サービス JUGEM