専守防衛の何が悪い?
<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小


スポンサーサイト
2016/07/26(Tue)

一定期間更新がないため広告を表示しています


投稿者:スポンサードリンク|カテゴリ:-

コメント:-|トラックバック:-
BONSAI KITTEN / Welcome To My World
2012/03/25(Sun)15:51
JUGEMテーマ:HR/HM
気に入り度★★★★☆
ドイツ出身4人組、2012年リリースのフルレンス3rd、Rpckabilly/Psychobilly アルバム。いやぁ気に入っちゃいました。

いかがわしい歌詞とイメージが疾走するLife Is A Bitch And So Am I、ラストでびしぃっと締めくくるDon't You Get Too Drunk To Fuckが特に大好き。スピード感とメランコリックなメロディーと張りと艶の有る歌声が絶妙にマッチした、オープニングのWelcome To My World、続くCat Scratch FeverHanging On The Telephone、Rockabilly風味満載のBaby Rock Onなどなど、高密度で聴き応え抜群です。

彼らの音楽性は、ロカビリーにパンク的な要素を加えて、サイケデリックな雰囲気を含めたPsychobillyと言われていると思いますが、でも彼ら自身はそのスタイルを「Killbilly」と呼んでいるそうです。彼らの音楽性やBioには、Metal/Rock系の人物は一切見当たりません。ただ、DsにはMetalに通じるダイナミズムが宿っている気がしたのと、アルバム全体を支配する疾走感とメランコリックなメロディーに、試聴段階で完全にやられてしまいました。フロントに日本の女子高生が着用するセーラー服を着たTiger Lilly Marleenさん、この人がいかがわしさ満載で、だけど説得力の有るしなやかで力強い歌を披露しています。バックの強面のオッサンが奏でるパワフルで骨太な演奏に一歩も引かず、まさに彼女の世界にみんなを引きこんでいるよう。

BONSAI KITTENはその名の通り、「盆栽子猫」をアルファベット・英語表記したものです(意味合いについてはWikiにありますので調べてみてください)。僕の★☆の打ち方は、これは「もう大好き、ずっと聴き続けたい!」気持ちの現れですが、このPsychobillyジャンルには彼らのようなメランコリックでパワフルで爽快なバンドが、どうやらうようよ居るみたいなので、これからいろいろ試聴してみたく思います。とりあえず先ずはBONSAI KITTEN、気に入っちゃいました。日本盤は出ているみたい、なんですが、yahooには検索で引っかかってこなかったですね。Fanの人、レーベルの人、もっと応援してあげようよ!? 

投稿者:X(Peke)|カテゴリ:Middle Of Europe
スポンサーサイト
2016/07/26(Tue)

投稿者:スポンサードリンク|カテゴリ:-

コメント:-|トラックバック:-
コメント一覧
コメントを書く




この記事へのトラックバック

この記事のトラックバックURL

※トラックバックの際はこのURLをコピーして、トラックバック送信先の欄に貼り付けてください。
最近乗せたアルバムの絵
MIND MAZE Back From The EdgeANTHROPIA-Non-Euclidean Spaces DEGREED We Dont Belong
ブログ村バナー
にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
にほんブログ村
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
プロフィール
QRコード
qrcode
スポンサー広告
Powered By JUGEM
無料ブログ作成サービス JUGEM