専守防衛の何が悪い?
<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小


スポンサーサイト
2016/07/26(Tue)

一定期間更新がないため広告を表示しています


投稿者:スポンサードリンク|カテゴリ:-

コメント:-|トラックバック:-
OF WRATH AND RUIN / Conquering Oblivion
2012/01/25(Wed)01:15
JUGEMテーマ:HR/HM
気に入り度★★★★       
USはPhiladelphia, Pennsylvania出身のG2本・Ds・女性Voの4人組による、2011年リリースのデビュー作、正統派や先輩Melodic Death Metal BandをベースにしたAlbum。

テクニカルでドラマティックで軽快なスピード感が特徴のForever Unseen、自在のメロディー展開とGバトルが楽しいShame Is The End、バラード代わりにしっとりと繊細なアコースティックギターを染み込ませたSapphire SeaTo Walk Aloneなどは聴き所。北欧メロデス風展開のLust and Love、Black Metal風味とドラマティシズムが同居したWaters Of The Corrupt、ラストのThe Reckoningまで、高レベルで粒がそろった曲が楽しめます。

彼らのBioに書いてある「影響を受けたバンド」に忠実なサウンドで、CHILDREN OF BODOMのBlack Metal的アプローチ、NIGHTWISHIN FLAMESOPETHらに見られるパワーとメロディーの調和、IRON MAIDENDREAM THEATERNEVERMOREといった今のMetalの根っこを為す先輩のメロディー作りへの憧憬、それらを彼ら独自の感性でミックスさせたサウンドを擁しています。彼らが憧れるProgressiveという音楽ジャンルのような難解さは殆ど無く、寧ろ多くのバンドの美味しい所を寄せたことによる、良い意味での最大公約数的なMetalの普遍的な魅力が前面に出ている気がします。リズムとリードで役割が明確に分担されているGですが、此処彼処で美しいユニゾンが曲を彩ります。バンドを率い楽曲を手がけるマルチプレーヤーPat Broseさん、寒々とした美しいフレーズと、流麗でテクニカルなGがいたるところで炸裂しています。

最近女声Voが脱退したようですが、それが彼らへステップアップのチャンスになると思います。NIGHTWISHのシンガー位の好Voが加入し、女声の普通声でドラマティックに歌い上げる部分がパワーアップすると、元々メロディーとバックがカッチリ纏まっているインスト部分とあいまって、彼らを「次の段階」に押し上げることもありうるかも、と思います。弱小レーベルからのアルバムにしては、楽曲と録音の健闘が光る良いアルバムと思います。これからもぜひ、頑張ってほしいですね。

投稿者:X(Peke)|カテゴリ:USA、Canada
スポンサーサイト
2016/07/26(Tue)

投稿者:スポンサードリンク|カテゴリ:-

コメント:-|トラックバック:-
コメント一覧
コメントを書く




この記事へのトラックバック

この記事のトラックバックURL

※トラックバックの際はこのURLをコピーして、トラックバック送信先の欄に貼り付けてください。
最近乗せたアルバムの絵
MIND MAZE Back From The EdgeANTHROPIA-Non-Euclidean Spaces DEGREED We Dont Belong
ブログ村バナー
にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
にほんブログ村
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
プロフィール
QRコード
qrcode
スポンサー広告
Powered By JUGEM
無料ブログ作成サービス JUGEM