専守防衛の何が悪い?
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小


スポンサーサイト
2016/07/26(Tue)

一定期間更新がないため広告を表示しています


投稿者:スポンサードリンク|カテゴリ:-

コメント:-|トラックバック:-
EDGUY / Age Of The Joker
2012/01/14(Sat)00:01
JUGEMテーマ:HR/HM 
気に入り度★★★★   
ドイツ出身5人組、2011年リリースの9th、Classic Rockな風味を満載した正統派Heavy Metal Album。

ドラマティシズムと疾走感と音圧が絶妙で転調がサビを盛り上げるNobody's Hero、躍動感が陰りのあるメロディーに踊るBreathe、Power Metal的疾走感とクラシカルなKeyとが対比するThe Arcane Guildは特に気に入りました。ドラマティックなオープニングのシャッフルで重みと軽快さが同居するRobin Hood、フィドルを従えケルト風味が終盤で発散するRock Of Cashel、ラストのしっとりしたEvery Night Without Youなどが聴き所と思います。

Rocket Ride時代のClassic Rock(70〜80年代のHR、DEEP PURPLERAINBOW)風正統派な部分をベースにしています。しかし本作はただ正統派なだけではなく、ケルト風味を交えたり、American風味を交えたりと、意欲的に表現の幅を広げようとして、且つそれが決して上滑りに終わらず、作品としてそれなりのインパクトを残しているのがミソです。本作に嘗てのSpeed/Power Metalの影は1曲を除き殆ど無くなっています。Rocket Ride以降突き進めてきた、Classic Rockへの憧憬を、彼らは抱き続けていると思われます。アルバムの「核」にあたる部分には、自他共に認める佳曲をちりばめ、前後の曲と相互に印象を高めあう配置にしています。流石にベテラン、流れの設定はなかなかです。

楽曲のバラエティーは嘗て無い広がりを見せる本作ですが、連続してMiddle〜Lowテンポの曲が並んだり、サビメロ手前のコーラスの存在感が薄かったり、少し納得が行かないところもありました。ギラッと光る楽曲がある中で、印象に残りにくい部分は少し残念です。反面、EDGUYが標榜するClassic Rockへの路線はほぼ固まりつつある感があり、メロディーも良く練られ、かなり楽しめました。

投稿者:X(Peke)|カテゴリ:Middle Of Europe
スポンサーサイト
2016/07/26(Tue)

投稿者:スポンサードリンク|カテゴリ:-

コメント:-|トラックバック:-
コメント一覧
コメントを書く




この記事へのトラックバック

この記事のトラックバックURL

※トラックバックの際はこのURLをコピーして、トラックバック送信先の欄に貼り付けてください。
最近乗せたアルバムの絵
MIND MAZE Back From The EdgeANTHROPIA-Non-Euclidean Spaces DEGREED We Dont Belong
ブログ村バナー
にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
にほんブログ村
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
プロフィール
QRコード
qrcode
スポンサー広告
Powered By JUGEM
無料ブログ作成サービス JUGEM