専守防衛の何が悪い?
<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小


スポンサーサイト
2016/07/26(Tue)

一定期間更新がないため広告を表示しています


投稿者:スポンサードリンク|カテゴリ:-

コメント:-|トラックバック:-
AWAKE / Forever More
2012/01/09(Mon)12:03
JUGEMテーマ:HR/HM
気に入り度★★★☆  
UK出身6人編成、HUMANITY時代を含めると、2011年リリースの3rd(AWAKEでは2nd)、Melodic Progressive Metal Album。

メロディーの特徴が凝縮されているInto The Storm 〜 Out Of Controlの組曲、沈み込む様なPianoの音色が美しいClosing The Doorsから、物悲しい旋律と熱いギターが特徴のBleed From You、PianoからHeavyに展開するFor The Momentへの流れ、ラストのドラマティックなタイトルTuneのForever Moreなどが気に入りました。コンパクトにメロディーが纏まるRelease Me、途中からパワー感のあるパートがポイントのOne Wishなどもいいと思います。

前作のときに抱いた、3作目以降のDREAM THEATERのフォロワーで、メロディーで勝負するタイプとの印象からは外れていません。前作同様、メロディーの出来栄えが均一な印象のあるアルバムです。繊細で肌理の細かいCraig BurkittさんのPianoの音色が、陰りのある沈み込むような物悲しい旋律を各所で曲を彩っています。楽曲はリズム隊を含めかなりタイトに纏まっていますが、手数と音圧を前面に出すのではなく、時折Thrash/Power Metal的にちらりと疾走したり押したりする所をスパイス代わりに効かせる外は、飽くまで内省的な雰囲気のある楽曲を堅実に底から支えているようです。ジャケット同様、抜けの良さとは正反対の、どこかどんよりした、重苦しい雰囲気でアルバムは展開されていきます。Simon Shedwellさんの中域中心で炸裂しない歌唱と、AメロとBメロとでインパクトの差が少ない部分から、煮え切らない湿った印象は良くも悪くもUK的とも思えます。

Gはリードが取れる2人を揃えていますが、楽曲の中での編成の強みを、残念ながら感じられませんでした。また、前作を知ってしまっているためか、ほぼ全編大きなフックを感じることが無く、不覚にも眠気を覚えてしまいました(それほど、演奏などが安定していると言えるとは思いますが)。VOYAGER同様、集中して聴くとポイントに気付くことが出来ると思え、即効性には少し弱くスルメ的な魅力です。若手Progressive Metal Bandに着目している方にはアピールすると思います。
 

投稿者:X(Peke)|カテゴリ:United Kingdom

コメント:comments(0)|トラックバック:-
スポンサーサイト
2016/07/26(Tue)

投稿者:スポンサードリンク|カテゴリ:-

コメント:-|トラックバック:-
コメント一覧
コメントを書く




最近乗せたアルバムの絵
MIND MAZE Back From The EdgeANTHROPIA-Non-Euclidean Spaces DEGREED We Dont Belong
ブログ村バナー
にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
にほんブログ村
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
プロフィール
QRコード
qrcode
スポンサー広告
Powered By JUGEM
無料ブログ作成サービス JUGEM