専守防衛の何が悪い?
<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小


スポンサーサイト
2016/07/26(Tue)

一定期間更新がないため広告を表示しています


投稿者:スポンサードリンク|カテゴリ:-

コメント:-|トラックバック:-
ASGARD / The Seal Of Madness
2011/09/11(Sun)12:33
JUGEMテーマ:HR/HM
気に入り度★★★★ 
イタリア出身のツインリード5人組、2011年リリースの1stフルレンス、正統派色の強いThrash/Power Metalアルバム。

オープニングからハイトーンと音圧でリスナーを圧倒するDisciples、Middleテンポ主体ながら曲後半でカタルシスが爆走するThe Age Of Steel、メロディックに疾走するHellbrakerが特に気に入りました。ルーツを如実に表して微笑ましいタイトル曲The Seal Of Madness、80年代Thrash風のざくざく馬力のあるリフのArmy Of Darkness、AGENT STEELばりの破壊力が炸裂するAsgard Invasionなど、聴き所は満載でかなり楽しめます。

彼ら自身のマイスペに紹介のあるように、MANOWAR・VICIOUS RUMORS・OVER KILL・初期AGENT STEELらの「漢」エッセンスを吸い込んで「音圧」「迫力」「疾走感」に表現しており、メロディーの基礎にIRON MAIDENからの影響を強く感じさせる旋律やギターソロを配しています。80年代中盤以降のThrash/Power Metalを今に伝えてくれます。Aメロでのリフ、Bメロでの盛り上がり、Adrian Smithさん大好きな印象的なギターソロ、いずれもとても良く練られていて、疾走感に頼らずとも単品でしっかり楽しめるのと、リズム隊では急激なリズムチェンジを支える堅実さが渋く光ります。VoのFederico "Mace" Mazzaさんの、歌い出しで超ハイトーンが飛び出す唱法が、AGENT STEELCRIMSON GLORYを髣髴させ、声域にかなり余裕を感じ、安定感は抜群です。

アルバムジャケットのクオリティーは80年代当時のこの手のバンドのと比べても「何故今時・・・?」と思うほど残念ですが、ぜひ中身を聴いて判断して欲しいと思います。ネオクラやメロスピとは一味違う、無骨で素朴な疾走感一杯で、「臭み」が少なくしっかりメロディアスなThrash/Power Metalがうれしい、高品質な一枚だと思います。

投稿者:X(Peke)|カテゴリ:Latin Europe
スポンサーサイト
2016/07/26(Tue)

投稿者:スポンサードリンク|カテゴリ:-

コメント:-|トラックバック:-
コメント一覧
コメントを書く




最近乗せたアルバムの絵
MIND MAZE Back From The EdgeANTHROPIA-Non-Euclidean Spaces DEGREED We Dont Belong
ブログ村バナー
にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
にほんブログ村
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
プロフィール
QRコード
qrcode
スポンサー広告
Powered By JUGEM
無料ブログ作成サービス JUGEM