専守防衛の何が悪い?
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小


スポンサーサイト
2016/07/26(Tue)

一定期間更新がないため広告を表示しています


投稿者:スポンサードリンク|カテゴリ:-

コメント:-|トラックバック:-
SAFEMODE / For A Better Tomorrow
2011/05/03(Tue)01:39
気に入り度★★★★ 
JUGEMテーマ:HR/HM
Sweden出身5人組による、2011年リリースのおそらく1st、Screamo/Metalcoreアルバム。

オープニングで彼らの立ち位置を明確に示したIn Reverse、クワイア風コーラスがアクセントになるAs We Fall. We Will Rise Again、スピードに乗ったサビのメロディーが物憂げで悲しいHide Behind Words、小曲ながら激情とコーラスの落差の大きなA Little Cry For Helpが特に印象に残りました。スピードをガクッと落としてサビを際立たせた静から動・清から濁へ展開するDon't Take It To Heart、ピアノと含蓄のある歌詞が相互に深いThere Is Hopeまで、聴き応えがあります。

Screamo/Metalcore一直線の、たとえばKILLSWITCH ENGAGESHADOWS FALLなどといったMA勢を想像して貰って、その手のサウンドが好きな方には期待に応えてくれる一枚だと思います。スピード感のある曲もさることながら、彼らの場合は特に、ゆったりしたテンポの曲でとてもメロディーを大切にしていて、クリアトーンで静かに優しく語りかけるように歌った後、中高域の張りのある声(少年のような感じがします)でパワーバンド一杯に物悲しいメロディーを力強くサビで歌い上げている熱さにぐっと来ます。低音グロウルをさほど多用しておらず、要所要所で、Aメロで曲の導入と展開の部分で叩き付けるように使ったり、サビの後のブリッジで使ったりと、あくまでも曲のハイライトを大きく引き立たせるための位置づけのようです。サウンドはそこそこ図太いですが、クリアトーンのメロディーをサビの裏で綺麗に紡いでいる、繊細な作りこみが印象的です。

地域性をさほど感じない、該当するジャンルのうまみを蒸留した感のある楽曲ですが、混じりけのなさが逆にUS出身のバンドと出生の違いを際立たせている気もします。メロディーの叙情が強く、メロディーを楽しみたい派にはお勧めできます。個性という点ではこれからという気もしますが、メロディーを武器に、このあと何色に染まるか楽しみなバンドと思います。

投稿者:X(Peke)|カテゴリ:Northan Europe
スポンサーサイト
2016/07/26(Tue)

投稿者:スポンサードリンク|カテゴリ:-

コメント:-|トラックバック:-
コメント一覧
コメントを書く




この記事へのトラックバック
-
管理者の承認待ちトラックバックです。

2011/05/07(Sat)07:23|-

この記事のトラックバックURL

※トラックバックの際はこのURLをコピーして、トラックバック送信先の欄に貼り付けてください。
最近乗せたアルバムの絵
MIND MAZE Back From The EdgeANTHROPIA-Non-Euclidean Spaces DEGREED We Dont Belong
ブログ村バナー
にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
にほんブログ村
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
プロフィール
QRコード
qrcode
スポンサー広告
Powered By JUGEM
無料ブログ作成サービス JUGEM