専守防衛の何が悪い?
<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小


スポンサーサイト
2016/07/26(Tue)

一定期間更新がないため広告を表示しています


投稿者:スポンサードリンク|カテゴリ:-

コメント:-|トラックバック:-
SONIC SYNDICATE / Love And Other Disaster
2009/03/11(Wed)23:27
JUGEMテーマ:HR/HM
気に入り度★★★★☆
Sweden出身6人組、2008年冬リリースの3rd、Metalcore アルバム。

オープニングを飾る噛み付くグロウルに切ないLove Songが乗るEncaged、続く疾走感満載にメジャーキーのサビが新鮮なHellgate Worchester、中盤の転調がドラマティックに決まるPower Shiftが特に気に入りました。終盤のサビのコーラスが切なく悲しすぎるRuin秀逸。爽快な疾走感とMiddle Tempoのサビのコントラストが見事なRed Eyed FriendsDead Planetなど、曲を飛ばせません。

誤解を恐れずに言うなら、同郷の先輩バンド最近のIN FLAMESの持つメロデスとMetalcoreとの融合のサウンドに、Darkwaveに通じるKeyワークをほんの少しエッセンスに塗し、Denmark出身のMERCENARYにも劣らない強烈な叙情性を持たせたサウンドだと思います。ジャケットの見てくれはこの通り血みどろで無機質ですが、歌詞の内容は意味を噛み締めてシンガロングすると、得もいえぬ高揚感に心が満たされます。

切ないラブソングに噛み付くようなグロウル、そしてサビにクリアで悲しげなコーラスが耳に溢れますが、うるさすぎずおとなしすぎないミックス度合いが絶妙。この手には珍しくメジャーキーの曲が入っていて、クリアな奥行きのあるサウンドと相俟って、広々とした開放感を齎しています。マイナーキーで疾走感満載の曲では、ふとした瞬間にイエテボリ出身のMelodic Death Groupの雰囲気を味わえたと思ったら、サビには切ないクリアなコーラス、物悲しさと破壊力とのブレンドは、彼らならではのインパクトを感じます。

叙情を武器にしたバンド、例えばGermany出身のMAROON、Denmark出身のMERCENARY等が好きな方、Alive And Just Breedingの頃のKILLSWITCH ENGAGE、Austria出身のTHE SORROWが好きな方には自信を持ってお奨めできます。いやぁ素晴らしい一枚でした♪

投稿者:X(Peke)|カテゴリ:Northan Europe
スポンサーサイト
2016/07/26(Tue)

投稿者:スポンサードリンク|カテゴリ:-

コメント:-|トラックバック:-
コメント一覧
コメントを書く




最近乗せたアルバムの絵
MIND MAZE Back From The EdgeANTHROPIA-Non-Euclidean Spaces DEGREED We Dont Belong
ブログ村バナー
にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
にほんブログ村
最近のコメント
最近のトラックバック
プロフィール
QRコード
qrcode
スポンサー広告
Powered By JUGEM
無料ブログ作成サービス JUGEM