専守防衛の何が悪い?
<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小


スポンサーサイト
2016/07/26(Tue)

一定期間更新がないため広告を表示しています


投稿者:スポンサードリンク|カテゴリ:-

コメント:-|トラックバック:-
2010年 Best Album 10 + α
2011/02/13(Sun)15:25
JUGEMテーマ:HR/HM
2010年に心に残った新譜を纏めたいと思います。
さっと聴きなおしてみると、どのアルバムも強烈なインパクトを持っていて、かなり悩みました。で、ここに載せたアルバムは、内容の充実もさることながら、「聴いた時に他のアルバムを霞ませたことが有ったか?」も(個人的に)重要なポイントにしました。


JUST SURRENDER
P
hoenix

2010年、僕が一番気に入ったアルバムです。

今年の夏前後は、このアルバムしか聴いてなかった時期がありました。また、他のアルバムを聴いた後で、このアルバムが聴きたくなってました。他のアルバムが完全にかすんでしまった、個人的にのめりこんだ一枚です。
メロディーとパワーと躍動感が、僕の中で昨年一番マッチしていた感があります。このアルバムに出会えてよかった。



EQUILIBRIUM
Rekreatur
リリースから遅れること8ヶ月、ずっと気になって居たこのアルバムを聴いた途端、やはり他のアルバムが霞みました。冬の小旅行に連れて行ったら、ずっとこのアルバムをリピートしていて、景色とサウンドが思い出の中で結び付いていました。

寒々しさと温かさ、激しさと優しさ、夫々が対比をなして、メロディーとパワーに載って突進する様が爽快です。




PRETTY MAIDS
Pandemonium

原点に戻った彼らの、腹をくくった一枚だと思います。この前のアルバムが回帰の布石になっているとは思いますが、ロゴも嘗ての物に戻し、音楽性をリセットしつつ、現代の趨勢を敏感に反映した、メロディーをとても大切にした一枚になっていると思います。



BURNING BLACK
Mechanichell

今聴くと、インパクトのある曲とそうでない曲が混在はしていますが、勢いのある曲はUK出身の大先輩、例えばJUDAS PRIESTなどを髣髴させるハチ切れ具合を、Voにバックに感じました。

イントロに続くOur Sentenceと、タイトル曲MechanicHellの流れが最高で、今年の春にこのアルバムを買ったときには、他のアルバムがやはり完全に霞みました。



THE BIRTHDAY MASSACRE
Pins And Needles

今のHeavy Rotationの一枚です。

決して隅々まで作りこまれた緻密さは感じないものの、Chibiさんの歌うキャッチーなメロディー、パワー、ダークな雰囲気の調和がたまりません。また、アルバム全体の曲調も豊富で、かつ曲単位の完成度が高く、ダレずに一気に聴き込んでいけました。



BLIND GUARDIAN
At The Edge Of Time
彼らもアレンジよりシンプルさとメロディーの大切さに立ち返ったようなアルバムを届けてくれ、秋ごろにはみっちり聴き込みました


H.E.A.T
Freedom Rock
今年の冬に通勤時にHeavy Rotationになっていたアルバムです。しっかり創りこまれたアルバム、メロディーとコーラス、キラキラした雰囲気を堪能できました。


WIG WAM
 Non Stop Rock 'N' Roll
春頃に聴きこんだアルバムです。中盤以降の叙情一杯の曲が連発に並んでいて、キャッチーでパンチのある曲に聴き惚れます。


HELLOWEEN
7 Sinners
全体の完成度は流石だと思いました。ただ、前作のようなパワーとメロディーがガッチリ調和した雰囲気があれば、もっと心に残り易かったかも。



BLOWSIGHT
Dystopia Lane
晩秋頃に到着を心待ちにしていて、アルバム全体の完成度に驚くと共にガッツポーズでした。彼らの立ち位置はPunkであって、先頭の曲だけ正統派全開でしたね、改めてそう思います。




=====次点となったアルバムたち=====

ORIANTHI / Believe II

MANIMAL / The Darkest Room

CLOSE YOUR EYES / We Will Overcome

SCORPIONS / Sting In The Tail

BARREN EARTH / Curse Of The Red River


SEVENTH WONDER、KAMELOT、TREAT、OCEANA、SPIN GALLERYなどなど、ご紹介したいアルバムは有ったのですが、たまたま、アルバムたちを選んだタイミングが今で、その時点で紹介したいと思ったのがこの15枚となりました。かなり豊作の一年だったように思います。

これで2010年の音を完全に〆ちゃいます。手元にはあるモノの封すら切ってないアルバム達が何枚かいますが、翌年度の番外へ回る事になります、ね。忙しかっただけにちょっと残念、ガッツリ聴きこんで、ここにエントリーしてみたかったです・・・。

さて、今年も話題作が既に登場して居ますね。このあと、この一年、どんな音が待ち受けているんでしょう・・・♪

投稿者:X(Peke)|カテゴリ:ベスト●●
スポンサーサイト
2016/07/26(Tue)

投稿者:スポンサードリンク|カテゴリ:-

コメント:-|トラックバック:-
コメント一覧
こんばんわ、こちらこそいつもどうもです。

ASIAは気になりながらも手を伸ばせなかった一枚でした。chuvovoさんちでご紹介されていたOZZYやRATTもそうでした。結構聴き逃していました・・・

PRETTY MAIDSの「裏切られ感」は、とてもよく解ります!僕とても、前作はその感覚(とジャケットのガッカリ感)からスルーしてました。オープニングだけでも買って良かったという気になれるかもしれません。

HEATは僕も前作には少々ガッカリした部分がありました。マイスペにアップされていた試聴できる曲が意外と良くて、買ってみたら本当に良かったと思いましたので、これは勇気を出してみてください(^^)

昨年は僕も本当に豊作だった気がします。お互いに、上手く情報交換を致しましょう。良い音との出会いが一杯有ると良いですね(^^)

X│2011/02/20(Sun)23:22│ 編集する
こんばんわ、いつもどうもです。
なるほど、被ったのはその4枚でしたか。てっきりエイジアあたりも被るかなと思ったんですけどね(笑)。
PRETTY MAIDS、良さそうですね。良い噂は聴いてたものの、昔の「裏切られ感」を忘れられず、手を出せないでいました。そろそろ聴いてみようかなと思います。HEAT は、前作でお腹一杯になったので、新作はスルーしてたんですけど(笑)。なるほど、前作よりも良いのなら、かなり興味があります。
それにしても、2010年は大豊作でしたね。まだまだ聴きたいものが山のようにあって・・。
今年も期待したいですね!
TBです。<m(__)m>

chuvovo│2011/02/20(Sun)21:55│ 編集する
コメントを書く




この記事へのトラックバック
超個人的音楽大賞2010!! 予告記事を入れると、これまで3本に渡って書いてきた企画記事。 今日が4本目、ということで。 メインである、この部門の発表で最終回とする。 アルバム部門 第1位  AVENGED SEVENFOLD 「NIGHTMARE」

2011/02/20(Sun)21:56|一般的な会社員の日記の件

この記事のトラックバックURL

※トラックバックの際はこのURLをコピーして、トラックバック送信先の欄に貼り付けてください。
最近乗せたアルバムの絵
MIND MAZE Back From The EdgeANTHROPIA-Non-Euclidean Spaces DEGREED We Dont Belong
ブログ村バナー
にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
にほんブログ村
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
プロフィール
QRコード
qrcode
スポンサー広告
Powered By JUGEM
無料ブログ作成サービス JUGEM