専守防衛の何が悪い?
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小


スポンサーサイト
2016/07/26(Tue)

一定期間更新がないため広告を表示しています


投稿者:スポンサードリンク|カテゴリ:-

コメント:-|トラックバック:-
LUNA MORTIS / The Absence
2009/02/25(Wed)22:47
JUGEMテーマ:HR/HM
気に入り度★★★★
USはウィスコンシン出身の、Melocic Power/Thrash Metal Groupの、2009年発売の自主盤を含めると2作目、本格デビュー盤です。

3曲目のスピード感満載で、サビでも普通声のコーラスが美しいReformation、続くスケールの大きなバラードThis Departureがハイライトと言えそうです。シンプルな疾走感に乗せたメジャーキーのメロディーが印象的なForever More、オープニングで彼らの魅力をしっかり伝えてくれるAsh、畳み掛けるようなDeath声が北欧風マイナー調のリフを引っ張るLast Defianceなどなど、粒が揃った楽曲が魅力です。


USのバンドながら、北欧のメロディアスで暴虐的なバンドの影響を多分に受けて居そうです。Melodic Death Metalや、Thrash寄りのPower Metalなどと一緒のステージ立つ事も有った彼ら、いろんな音楽的エッセンスを吸収していて、そのどのパーツもしっかり消化しきっているが為に、「○○そっくり」な印象が不思議なくらい少ないです。いろんなエッセンスを取り込んでバランスを取った結果、意外に「正統派」の雰囲気に近く感じさせてくれそうです。Death声とクリアトーンを織り交ぜる女性VoのMary Zimmerさんの声が中心で、クリアトーンではややくぐもりがちで芯のある上手さを感じさせてくれますが、ガテラルではかなり頑張ってますね、迫力はまずまず。ガッチリ絡んだ軽快なリフと、フラッシーでメロディアスなツインリードのユニゾン、Brian KoenigさんとCory Scheiderさんの、手数が多い流麗なソロが楽曲の切なさを引き出しています。

メロディアスで普通の正統派とは違う、いろんな枠から少しずつはみ出すのが彼らの魅力か。この後も楽しみないいバンドですね。

投稿者:X(Peke)|カテゴリ:USA、Canada
スポンサーサイト
2016/07/26(Tue)

投稿者:スポンサードリンク|カテゴリ:-

コメント:-|トラックバック:-
コメント一覧
Neoさまこちらにもありがとうございます!リンクを貼り直しましたので、確認してくださいね。こっちのMORTISはかなりスラッシーだし打ち込みでは無さそうです(^^) 結構気合が入っていますよ、このバンドの曲。おすすめです(^^)

Peke│2009/03/05(Thu)22:58│ 編集する
ルナー・モーティス聞きたいんだけど何度ジャケをクリックしても試聴できないんすよね…残念!! モーティスという打ち込みメタルバンドは知ってるんだけど?? とにかくYouTubeで探してみますね。

ネオ│2009/03/04(Wed)03:47│ 編集する
コメントを書く




最近乗せたアルバムの絵
MIND MAZE Back From The EdgeANTHROPIA-Non-Euclidean Spaces DEGREED We Dont Belong
ブログ村バナー
にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
にほんブログ村
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
プロフィール
QRコード
qrcode
スポンサー広告
Powered By JUGEM
無料ブログ作成サービス JUGEM