専守防衛の何が悪い?
<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小


スポンサーサイト
2016/07/26(Tue)

一定期間更新がないため広告を表示しています


投稿者:スポンサードリンク|カテゴリ:-

コメント:-|トラックバック:-
THE BIRTHDAY MASSACRE / Pins And Needles
2011/02/06(Sun)21:48
JUGEMテーマ:HR/HM
気に入り度★★★★☆ 
Canada出身6人組による、2010年リリースの4th、Industrial/Gothic Metal Album。2010年のベスト盤候補ですね、滑り込みの最終エントリー、かな(^^;

アップテンポでダークなメロディーがズンズン躍動するControl、切なさが女の子の歌で引き立つMidnight、歯切れの良いリズムから歌が瑞々しく弾けるSleep Walkingが特に気に入りました。取っ付き難そうな無表情のイントロから切ないメロディーが溢れるTwo Heartsやタイトル曲Pins And Needles、テープの逆回転のSEがフックのPale、オープニングで彼らの世界へ誘うIn The Darkなど、どこを切っても聴き所が満載です。

Marilyn MansonDEADSTAR ASSEMBLYなどが持ち合わせるIndustrial的電子音をベースにしたサウンドと、EVANESCENCEの持っているGothic的な沈み込む雰囲気に加え、歯切れのよさを感じさせるリズム隊が、全体的にダークながらひたすらキャッチーで解り易いメロディーを、Hard Rock的にテンポ良く耳に流し込んできます。まさにジャケットの中のイメージ、遊園地と墓場が同居しているような感覚を覚えます。Bassをこれでもかと効かせた音質に、時にひんやりした、時にきらきらしたKeyを塗し、その上に載るのは若々しく弾けるような「女の子」の切ない歌。声を重ねる部分がかなり少なく、メリハリがあるモノの決して表情が豊かだとは言えない歌を、絶妙に制御されたバックのサウンドの厚みと隙間などアレンジと曲中の緩急とで歌を盛りたて、ともすれば平板に成りがちな楽曲をとても起伏に富んだ展開に持ち込み、聴き手を彼らの世界に引き込んでしまいます。

技術をひけらかさず印象的なフレーズを丁寧に紡ぐ間奏も、同種のアルバムで歌いっぱなしに成りがちな曲を上手く繋いでかつさり気無くクールダウンさせてくれます。若々しくみえる彼らも本作で中堅の域に達しており、メロディーの巧みな展開には強かさを感じさせてくれます。良いアルバムに出会えてよかったと思います。

投稿者:X(Peke)|カテゴリ:USA、Canada
スポンサーサイト
2016/07/26(Tue)

投稿者:スポンサードリンク|カテゴリ:-

コメント:-|トラックバック:-
コメント一覧
コメントを書く




最近乗せたアルバムの絵
MIND MAZE Back From The EdgeANTHROPIA-Non-Euclidean Spaces DEGREED We Dont Belong
ブログ村バナー
にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
にほんブログ村
最近のコメント
最近のトラックバック
プロフィール
QRコード
qrcode
スポンサー広告
Powered By JUGEM
無料ブログ作成サービス JUGEM