専守防衛の何が悪い?
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小


スポンサーサイト
2016/07/26(Tue)

一定期間更新がないため広告を表示しています


投稿者:スポンサードリンク|カテゴリ:-

コメント:-|トラックバック:-
SHADOW GALLERY / Digital Ghosts
2010/12/19(Sun)17:51
JUGEMテーマ:HR/HM
気に入り度★★★★  
USはペンシルバニア出身の現在は5人組、スタジオアルバムでは2009年リリースの通算6作目、Progressive Metal Album。

シンプルなリフと少し変則的なシャッフルがクールなVenomが特に気に入りました。、Pianoで清らかなパートを使って緩急を織り交ぜたオープニングの大作With Honor、重いメロディーにメジャーキーを挟んだドラマティックな鎮魂歌Digital Ghost、物悲しいメロディーが溢れるPain、ラストの劇的なHauntedまで、緊張と弛緩、硬軟が織り交ざる、絶妙の展開が続きます。

偉大な前任者Vo Michael A Baker氏の死を乗り越えて製作された本作、随所に彼らのアイデンティティーを主張するパートが鏤められ、同時にVoが代わった事により彼らにしか形成し得ない新たな魅力が、従前の持ち味をちゃんと生かしている事に気付きます。個人的には、所々でメジャーキーでゆったり漂うような旋律の上を、中高域で力まずにコーラスを重ねて強調する部分、もしくは繊細で悲しげなPianoの音色の上を爽やかなコーラスが彩る展開に、それを強く感じます。彼らのルーツたる、80年代前後のMetal Groupや、Jazzや、70年代以降のUS大陸産Progressive Rockの影響を消化しつつ、本作では隅々まで几帳面にMetallicなサウンドに纏め上げられています。所々で手数の多いGuiterソロ、Keyソロがガッツリフィーチュアされ、ツインリードがスリリングにユニゾンする様など、Metal特有のダイナミズムを、熟成したメロディーに載せています。

6分以上の曲がずらりと並び、9分台の曲が7曲のうち3曲を占める本作は、展開もかなり練られて複雑であり、簡単に口ずさめるパートが少なく、決して即効性が高いわけでは無いです。しかし聴く度に発見のある奥深い作風は、まさに彼らが通過したルーツそのもので、聴き手を突き放すのではなく、難解さに中に聴き手を優しく誘う魅力を内包していると思います。聴き流して良し、じっくり向き合うも良し、良いアルバムだと思います。

投稿者:X(Peke)|カテゴリ:USA、Canada
スポンサーサイト
2016/07/26(Tue)

投稿者:スポンサードリンク|カテゴリ:-

コメント:-|トラックバック:-
コメント一覧
おぉkayokoさんSHADOW GALLERYをご存知でしたか。お持ちの一枚は、おそらくCurved In StoneかTyrannyあたりじゃないかと推察したりして。ありゃ何と壊れたPCの中にファイルが!?救出してあげたいですよね、割とぽつぽつと細く長くアルバムを世に出している彼らは、テクニカルな割りにパワフルで耳にしみこみ易い曲が多い気がします(^^)

X│2010/12/20(Mon)01:43│ 編集する
シャドウギャラリー、一枚しか持っていません。結構以前のアルバムで暫くiPodから外し聴いていなかったのです。久々にバンド名を見て聴きたくなりましたが、壊れたPCのiTuneの中に閉じ込められていて、聴く事が><。昨年、新譜も出ていたんですね,

kayoko│2010/12/19(Sun)22:42│ 編集する
コメントを書く




最近乗せたアルバムの絵
MIND MAZE Back From The EdgeANTHROPIA-Non-Euclidean Spaces DEGREED We Dont Belong
ブログ村バナー
にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
にほんブログ村
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
プロフィール
QRコード
qrcode
スポンサー広告
Powered By JUGEM
無料ブログ作成サービス JUGEM