専守防衛の何が悪い?
<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小


スポンサーサイト
2016/07/26(Tue)

一定期間更新がないため広告を表示しています


投稿者:スポンサードリンク|カテゴリ:-

コメント:-|トラックバック:-
A DAY TO REMEMBER / What Separates me From You
2010/12/14(Tue)00:37
JUGEMテーマ:HR/HM
気に入り度★★★★
USはフロリダ出身5人組による、2010年リリースの4th、Screamo/Metalcoreアルバム。

物悲しいメロディーがサビに炸裂するAll I Want、出足からメランコリーが3拍子のリズムに乗るThis Is The House That Doubt Built、切ないメロディーと押さえ気味なVoが溶け合うOut Of Timeが特に気に入りました。Metalcore的側面をガツンとフィーチュアしたSticks & Bricksに、メロディーと掛け声がカッコいいBetter Off This Dayなどなど、聴き所は満載です。


切ないメロディーと、切り裂く破壊力を入り混じらせて、互いを引き立たせあう構成が見事です。Victory Records得意の曲展開と言えそうで、僕が知っている中ではDESTROPHYCLOSE YOUR EYESなどに通じる、サビのみならず、Aメロでも叫び散らかすだけではなく、丁寧に歌のメロディーを紡いで、更にサビにそれを大きく盛り上げる所には、僕だけでなく多くの方々の琴線に触れそうだと思うんですが・・・。喉から痰が飛び出しそうな位Dirtyに叫ぶ所を所々に配して、Metalcore側のアイデンティティーを主張する所と、Aメロからサビまでややメランコリックなメロディーを連ねてサビにメロディーがコーラスと共に炸裂する所、夫々が同居していて、MetalcoreとEmo Rockの中間の印象です。テンポが良くどんどんメロディーがビートと共に溢れてくる様は痛快で、時折顔を覗かせるメジャーキーのメロディーに宿る、明るくなりきれない切なさも耳にしみこみます。

全編通してたったの35分程度しかない短い構成ながら、どの曲にもコンパクトな中にしっかり印象的なメロディーを宿らせ、手を抜いた部分を全く感じさせない、高密度高品質の素晴らしいアルバムに出会えたと思います。USでのチャートアクションもかなり良いようで、彼らの活躍がとても頼もしく、個人的Best Tune、Best Albumに食い込みそうな勢いを感じます。

投稿者:X(Peke)|カテゴリ:USA、Canada
スポンサーサイト
2016/07/26(Tue)

投稿者:スポンサードリンク|カテゴリ:-

コメント:-|トラックバック:-
コメント一覧
コメントを書く




最近乗せたアルバムの絵
MIND MAZE Back From The EdgeANTHROPIA-Non-Euclidean Spaces DEGREED We Dont Belong
ブログ村バナー
にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
にほんブログ村
最近のコメント
最近のトラックバック
プロフィール
QRコード
qrcode
スポンサー広告
Powered By JUGEM
無料ブログ作成サービス JUGEM