専守防衛の何が悪い?
<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小


スポンサーサイト
2016/07/26(Tue)

一定期間更新がないため広告を表示しています


投稿者:スポンサードリンク|カテゴリ:-

コメント:-|トラックバック:-
ARTILLERY / When Death Comes
2010/11/23(Tue)22:26
JUGEMテーマ:HR/HM
気に入り度★★★★
Denmark出身5人組の2009年リリースのスタジオアルバムでは通算5作目、Thrash Metal Album。

オープニングのWhen Death Comesからメロディーと圧倒的な音圧にガッツポーズ。爆走驀進するRise Above It All、終盤のオリエンタルな音階がアクセントのUniform、ラストのスピードチェンジでガツンと加速するThe End等が気に入りました。サビが耳に引っかかるNot A Nightmare、シンプルに疾走するUpon My Cross I Crawlからテンポを変えて突っ走る10,000 Devilsへの流れなど、聴き所が沢山有ります。

IRON MAIDENMERCYFUL FATEなどの正統派Heavy Metalの音楽性や湿り気、80年代初頭のHardcore Punkを通過したリフの切れ味、彼らが作品のリリースと共に吸収したオリエンタルな隠し味、どこか不器用さを覗かせるもののクリーンに決まるツインリードのユニゾン、作風としては意外と彼らの1st:Fear Of Tomorrowの延長に近くて、メロディーとプロダクションを大きく進化させた作風では無いかと思います。VoはSøren Adamsenさんにチェンジしていますが、前任のFlemming Rønsdorfさんの持ち味だった「高域でざらつきの強い声」の雰囲気を髣髴させながらも、前任者より遙かに汎用のMetal Voiceに近い歌唱を聴かせ、どの曲でも強い存在感を放出しています。個人的には、全く楽しめなかった前作B.A.C.Kを大幅に上回るクールなリフに乗って、練られたメロディーが音圧と共に爽快この上なく疾走する様は圧巻です。

カッコいいメロディーがシンプルに突っ走る本作は、Thrash Metalとしてはノスタルジーを抜きにかなり楽しめた、貴重なアルバムとなりました。80年代からの生え抜きメンバー3人はもうすっかり良い歳、僕同様にいいオヤジですが、エネルギー満載のサウンドをこれからも届け続けて欲しいです。

投稿者:X(Peke)|カテゴリ:Northan Europe
スポンサーサイト
2016/07/26(Tue)

投稿者:スポンサードリンク|カテゴリ:-

コメント:-|トラックバック:-
コメント一覧
コメントを書く




最近乗せたアルバムの絵
MIND MAZE Back From The EdgeANTHROPIA-Non-Euclidean Spaces DEGREED We Dont Belong
ブログ村バナー
にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
にほんブログ村
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
プロフィール
QRコード
qrcode
スポンサー広告
Powered By JUGEM
無料ブログ作成サービス JUGEM