専守防衛の何が悪い?
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小


スポンサーサイト
2016/07/26(Tue)

一定期間更新がないため広告を表示しています


投稿者:スポンサードリンク|カテゴリ:-

コメント:-|トラックバック:-
NEVERLAND / Ophidia
2010/11/09(Tue)00:34
JUGEMテーマ:HR/HM
気に入り度★★★★ 
Turky出身の女性を含む7人組み、2010年リリースの2nd、Progressive/Symphonic Heavy Metal Album

牧歌的で物悲しいメロディーが沁みるWill Of God、建設的な転調から語り掛けるようなサビが魅力のSpeak To Me、繊細なギターのアルペジオが軽快なサウンドをリードするFinal Odyssayが特に印象に残りました。アルバム全編の完成度をしっかり期待させてくれるスピーディーでドラマティックなThis Voice Inside、テンポの良いサウンドにゲストVoが冴えるSilence The Wolves、シンプルでドラマティックでカッコいいSilence The Wolvesなど、聴き所が一杯です。

欧州やUKなどの先輩からのProgressive Groupからの影響と、本作で参加したゲストミュージシャンが持ち込んだ手法を上手くブレンドしています。本作では特にJohn Olivaさんからのインプットで、劇的さと重厚さが本作では増している感があります。前作Reversing Timeに比べて、本作ではメロディーの魅力を格段に引き上げる事に成功しており、元々音楽的素地が広い所に、メロディーを生かすアレンジを効果的に効かせます。また、所々でBLIND GUARDIANを髣髴させるような牧歌的、Forkyな雰囲気を醸した、癒しのパートを持ち込む事で、アルバム全体のアクセントにしています。Forkyな部分や間奏でアコースティック楽器を持ち込んでいて、ギターではElectric Guiterとは違う流麗で爽やかなソロがピリッと効いていたり、繊細なPianoの清らかな間奏、バイオリンのソロ、牧歌的雰囲気を引き立てています。

音質がやや薄めな事、メインの男声Voの音程が少し怪しい事、ギターソロで時折リズムに不安定さを感じる事等が少し残念ですが、アルバム全体のメロディーの練りこみ具合がかなり良く、聴き応えが有るので、まぁ「良し」とします。ゲストVoを起用していますが、飽くまで「脇を固める」感覚が良いです。本作は一時期Heavy Rotationでした。どこか癖になる彼らの個性に魅せられました。個人的にはかなり楽しめた一枚でしたし、今後の彼らの成長もかなり楽しみです。

NEVERLANDといえば、他にも数多くの同名のGroupが存在しており、特にSwissはZurich出身のNEVERLANDは2ndが国内某雑誌にも取り上げられ、結構好評でした。http://www.myspace.com/neverlandmetal 参考までにリンクを張っておきます。で、僕が紹介したTurky出身の彼らは経歴がちょっと変わっていて、厳密に言うとTurky出身Prog Metal BandのDREAMTONEとギリシャ出身の女性Iris MavrakiさんによるNEVERLANDというプロジェクト、という事のようです。ただ、このNEVERLANDが軌道に乗って、大物とツアーをしたりコラボしたりしているので、僕の方ではNEVERLANDと言うバンド扱いとしました。
 

投稿者:X(Peke)|カテゴリ:Middle East
スポンサーサイト
2016/07/26(Tue)

投稿者:スポンサードリンク|カテゴリ:-

コメント:-|トラックバック:-
コメント一覧
コメントを書く




最近乗せたアルバムの絵
MIND MAZE Back From The EdgeANTHROPIA-Non-Euclidean Spaces DEGREED We Dont Belong
ブログ村バナー
にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
にほんブログ村
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
プロフィール
QRコード
qrcode
スポンサー広告
Powered By JUGEM
無料ブログ作成サービス JUGEM