専守防衛の何が悪い?
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小


スポンサーサイト
2016/07/26(Tue)

一定期間更新がないため広告を表示しています


投稿者:スポンサードリンク|カテゴリ:-

コメント:-|トラックバック:-
ORIANTHI / Believe II
2010/10/12(Tue)00:06
JUGEMテーマ:HR/HM
気に入り度★★★★  
USはLA出身の女性によるソロ、2010年リリースのHard Rock Album、恐らく本作が3作目と思われます。

弾けるような心の動きそのものを明るく歌うShut Up & Kiss Me、陰りのあるメロディーが切ないBad News、サビの音圧に負けない熱唱のSuffocated、明るさと陰りとキャチーさが入り混じるラストAddicted To Loveが特に気に入りました。スリリングで熱いインストHighly Strung、オープニングにハートをガッチリ掴むAccording To You、疾走感とパンチのあるWhat It Gonna Beなどなど、聴き所が一杯です。

瑞々しく弾ける恋心を、バックボーンにUSの土を感じるように力強くRockするサウンドに載せて、解り易いキャッチーなメロディーで包んであります。女の子のアルバムでこの傾向と言えば、サウンドはAvril Lavigneさんを想起しますね。ただOriantiさんの場合は、ルックスやサウンドにAvrilの「ごつさ」「アブナさ」を感じない、派手だけどどちらかと言えば内気、でも「芯」の部分は実はもっと本格的に尖っている印象です(そういえば元プリプリの中山さんに少し似てる気も)。強くてオトナでハスキーなVoとgでは、曲を要所で爆発的に盛り上げてますね。Michel Jackson氏と共演した事のある彼女、本作ではゲストもかなり盛りだくさんのようで、曲作りにはあのDesmond Child氏が関わっていたり、ハードドライヴィンなインストではあのSteve Vai先生を向こうに回してバトルを展開していたり、これがまたスリリングで熱いプレーを披露してくれています。

僕のようなオッサンでもかなり楽しめたアルバムだったので、きっと中学〜高校位の女の子達が詞を噛み締めながら聴くともっともっと曲の心に近づけて楽しめるかも知れませんね。切ない恋多き女の子の気持ちをハードなサウンドに載せた本作、かなりカッコいい、良いアルバムですよ!いやいや、ナメてると大火傷しますね、こりゃ。

投稿者:X(Peke)|カテゴリ:USA、Canada
スポンサーサイト
2016/07/26(Tue)

投稿者:スポンサードリンク|カテゴリ:-

コメント:-|トラックバック:-
コメント一覧
ままあやさんこんばんわ!
ORIANTHIをGetされてましたか、祝着です(^^)。

Believeの最初に出たほうも、このご様子ですと、かなり楽しめたようですね。Believe IIは軽快で明るくって、だけどキャピキャピじゃなく、しっかりRockされてるのが良いです。

Vai様とのバトルは、なかなかやりますね♪ちょっとフュージョンっぽいテクニカルでフラッシーなプレイで「負けてない」ですね!

X│2010/10/16(Sat)01:07│ 編集する
私もORIANTHI買いましたよ♪
Believeの最初に出た方ですけど。
Avrilも好きでアルバムを買ってたので、ORIANTHIを聞いた時にはすんなりと聞けました。
スティーブヴァイとの共演は、かっこいいですよね〜。
負けてませんよね〜。
結構好きですよ♪

ままあや│2010/10/15(Fri)23:14│ 編集する
コメントを書く




最近乗せたアルバムの絵
MIND MAZE Back From The EdgeANTHROPIA-Non-Euclidean Spaces DEGREED We Dont Belong
ブログ村バナー
にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
にほんブログ村
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
プロフィール
QRコード
qrcode
スポンサー広告
Powered By JUGEM
無料ブログ作成サービス JUGEM