専守防衛の何が悪い?
<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小


スポンサーサイト
2016/07/26(Tue)

一定期間更新がないため広告を表示しています


投稿者:スポンサードリンク|カテゴリ:-

コメント:-|トラックバック:-
FREEDOM CALL / Legend Of The Shadowking
2010/09/27(Mon)00:26
JUGEMテーマ:HR/HM
気に入り度★★★★
ドイツ出身の4人組による2010年リリース、通算6枚目のスタジオフルレンス、Melodic Speed Metal Album。

サビがメジャーキーでコーラスを伴いながら疾走して炸裂する、オープニングのOut Of The RuinsMerim - Legend Of The Past、アップテンポでサビの転調で盛り上がるThunder Godが特に気に入りました。New Wave的なアレンジとメロディーとパワーが溶け合うThe Darknessと、鍵盤の音がしっとり沁みるMerim - Requiemが劇的。聴き所が満載なアルバムと思います。


彼らのアルバムを購入するのはアルバム2002以来で、個人的にはCrystal Empireに持ち合わせていた痛快さが恋しかったのですが、本作はそれが一杯で嬉しいです。Melodic Speed Metalを基軸に、ルーツのひとつULTRAVOX風のアレンジを交えたり、パワーもスピードもそぎ落として曲の芯を磨き、シアトリカルな演出を施し、そしてラストの方でひょっこり顔を出すシンプルでMetal以外の何物でもないストロングなサウンド、それらが単にメリハリをつけるだけでなく、曲ごとにメロディーとアレンジを丁寧に磨きぬいてあります。ジャケットのミッドナイトブルー通り、ひんやりとしてどこかミステリアスな雰囲気は、強くてラウドで熱いサウンドの裏に端正に揃った几帳面なアレンジと、サウンドの隙間を埋めるKeyの音色が齎してくれます。初期に気になっていた、VoのChris Bayさんの「すっぽ抜ける高域」はかなり改善し、これも几帳面に歌い上げてくれます。

今では数少ない貴重なMelodic Power Metalの担い手として、全体的に良く纏まった、良いアルバムを届けてくれたと思います。彼らの場合、ライブでこの緻密なサウンドをどう表現するのがポイントなのですが(ライブアルバムLive Invasionで気付きました)、アルバムでの彼らは更に豪奢に、又は更にシンプルに、どちらにでも進みうるバンドだと思いました。

投稿者:X(Peke)|カテゴリ:Middle Of Europe
スポンサーサイト
2016/07/26(Tue)

投稿者:スポンサードリンク|カテゴリ:-

コメント:-|トラックバック:-
コメント一覧
Crystal Empireの次のアルバムで「おなか一杯」になってしまって遠ざかってしまってました。僕も、このアルバムの評判をいろんな所で見聞きして、いつもお世話になっているショップにリーズナブルなお値段で転がっているのを確認して購入しました。なかなか、良いアルバム、オススメできます(^^)

X│2010/10/02(Sat)01:43│ 編集する
良いものが出ている印象なのが安心感となり、自分も2002年物以降聞いてません。
メタルらしいメタルの印象とメジャーキーの映え方が良さそうですね!そこここでもいい感想を見ているので、年内の買い物かごに入れようかなと思っています。

Y軸│2010/09/30(Thu)18:40│ 編集する
コメントを書く




最近乗せたアルバムの絵
MIND MAZE Back From The EdgeANTHROPIA-Non-Euclidean Spaces DEGREED We Dont Belong
ブログ村バナー
にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
にほんブログ村
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
プロフィール
QRコード
qrcode
スポンサー広告
Powered By JUGEM
無料ブログ作成サービス JUGEM