専守防衛の何が悪い?
<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小


スポンサーサイト
2016/07/26(Tue)

一定期間更新がないため広告を表示しています


投稿者:スポンサードリンク|カテゴリ:-

コメント:-|トラックバック:-
KISSIN' DYNAMITE / Addicted To Metal
2010/09/21(Tue)00:36
JUGEMテーマ:HR/HM
 気に入り度★★★★ 
ドイツ出身の5人組み、2010年リリースの2nd、Melodic Heavy Metal Album

躍動感と明るいメッセージが明快なメロディーに載るRun For Your Life、そこから更に加速したSuersonic Killer、それにオープニングでMetalへの意気込みが熱く炸裂するAddicted To Metalを含めた序盤がハイライトです。サビで駆け上がるようなメロディーのHysteriaも素晴らしいです。しっとり感を含むパワーバラードWhy Can't You Here Meも良い。硬軟緩急のバランスの取れた一枚と思います。


どの曲にも若々しく瑞々しい感性が溢れていて、明快なメロディーのなかにも聴き込みが必要な奥ゆかしさをどの曲にも忍ばせています。サウンドの基本はSCORPIONSACCEPTEDGUYMAD MAXなど、特定が出来ないドイツの大先輩達の、曲調そのものではなく音楽的姿勢を受け継いでいると思います。それは解り易い明快なメロディー、ドイツを含めた欧州のバンド特有のメロディーの陰りや叙情、一瞬見せる欧州の生活に根付いたクラッシックの影響、そしてポイントは正統派(Authentic)と言われるバンドたちと一線を画すキャッチーさを、どの曲にも宿している所と思います。また、スタイリッシュなイケメンを揃えてスッキリしたルックスにどこかキャッチーな曲調には、現在北欧で若干見られる、80年代のLA Metal的な雰囲気への憧憬とリスペクトも感じます。あらゆる音楽的なバックボーンを自分達の中で消化し切り、夫々の魅力の上澄みだけを調合して、個性に代えていると感じます。

単に80年代の焼き直しに留まらない魅力を、彼らは発信し続ける可能性を秘めていると思います。大先輩バンド達の卒業に気負うことなく、すがすがしく力強いサウンドを創り続けて欲しいと思います。

投稿者:X(Peke)|カテゴリ:Middle Of Europe
スポンサーサイト
2016/07/26(Tue)

投稿者:スポンサードリンク|カテゴリ:-

コメント:-|トラックバック:-
コメント一覧
コメントを書く




最近乗せたアルバムの絵
MIND MAZE Back From The EdgeANTHROPIA-Non-Euclidean Spaces DEGREED We Dont Belong
ブログ村バナー
にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
にほんブログ村
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
プロフィール
QRコード
qrcode
スポンサー広告
Powered By JUGEM
無料ブログ作成サービス JUGEM