専守防衛の何が悪い?
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小


スポンサーサイト
2016/07/26(Tue)

一定期間更新がないため広告を表示しています


投稿者:スポンサードリンク|カテゴリ:-

コメント:-|トラックバック:-
AIDEN / Conviction
2009/02/18(Wed)22:44
気に入り度★★★★
 
US出身5人組、 2007年リリースの1st、Alternative/Emo Rock と思われます。

サンプルでも聴けるラウドなDsとメランコリックなメロディーにキャッチーさが弾ける
Teenage Queen、元気よさと切なさとがサビに盛り上がるMomentが特に気に入りました。

オープニングに続く斜に構えて元気のいいShe Will Love You、躍動感の或るAメロとゆったりしたサビが絡まるHurt Me、古さと新しさが掛け声とPianoの音色で繋がるSon Of Lies、ラストの優しいThe Sky Is Fallingなどなど、聴き所は満載です。

36分で11曲、コンパクトで物悲しくてキャッチー。HIMなどの北欧方面のバンドや、BULLET FOR MY BALENTINEなどの欧州のバンドといった、メランコリックなメロディーに彩られたGroupからの影響が顕著と思われます。シンプルだけど全く安っぽい感じがせず、メジャーキーの曲でもどこか切なさを一杯に含んでいて、ジャケットデザインのように、カラフルだけど直ぐに色あせてしまいそうな切なさを感じます。ツインリードもクリアトーンで繊細な音色を奏でる音と、リフで主張する図太い音色との対比で切妙に音に厚みと奥行きを与えているGuiterのアレンジは、このジャンルの常套とは言え、しっかりサマになってます。メロディーと構成がシンプルな分、バックでフィルインにかなり訴えかける度合いの強いDsが、僕は気に入りました。飽きが来ませんね、気が付いたら耳がリズムを追い掛けていました。

このバンドのアルバムジャケットのように、このジャンルも百花繚乱を呈していますよね。AIDEN、きっと生き残って、楽しくも切ない音を、ずっと届けて欲しいと思います。

投稿者:X(Peke)|カテゴリ:USA、Canada

コメント:comments(3)|トラックバック:-
スポンサーサイト
2016/07/26(Tue)

投稿者:スポンサードリンク|カテゴリ:-

コメント:-|トラックバック:-
コメント一覧
Neoさんこんばんわ!コメントありがとうございます(^^) オルタナの流れとPunkとが合流したところに彼らが居ると思います。HIMに通じるコンパクトでキャッチーな味、明るくなりきれない曲調がかなり気に入りました(^^) あ、他のバンドもご紹介しなくてはね!

Peke│2009/02/25(Wed)21:20│ 編集する
3曲目はオルタナっぽいですね、4〜5はHIMとプライベート・ラインを掛け合わせたような感じですね、でも、何が意外って、ペケさんがこういう類のバンドも好きな所が一番の意外性でした。

ネオ砲DX│2009/02/25(Wed)18:03│ 編集する
もっとメタル色が強いものだと勝手に想像してたのですが見事に裏切られました。2曲目しか聞いてませんがDEATH STARSにちょっと似てる気がしました。

NeoArmDX│2009/02/24(Tue)21:07│ 編集する
コメントを書く




最近乗せたアルバムの絵
MIND MAZE Back From The EdgeANTHROPIA-Non-Euclidean Spaces DEGREED We Dont Belong
ブログ村バナー
にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
にほんブログ村
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
プロフィール
QRコード
qrcode
スポンサー広告
Powered By JUGEM
無料ブログ作成サービス JUGEM