専守防衛の何が悪い?
<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小


スポンサーサイト
2016/07/26(Tue)

一定期間更新がないため広告を表示しています


投稿者:スポンサードリンク|カテゴリ:-

コメント:-|トラックバック:-
TAKING DAWN / Time To Burn
2010/08/23(Mon)00:33
JUGEMテーマ:HR/HM
気に入り度★★★★
USはラスベガス出身4人組によるデビュー作、2010年リリース、American Hard Rock/Heavy Metal Album

叙情の強いメロディーをガッツリ入れ込んだ切ないBallad Close Your Eyesが一際心に沁みました。アップテンポ気味に陰りのあるストロングな曲、Take Me Away、コーラスが印象的なSave Me、掛け声とコーラスが一際耳にこびりつくEndlesslyも気に入りました。ラストのいかにもUS Rockな曲The ChainFREETWOOD MACのカバー、ハマってます。


足腰のしっかりしたリズム隊にずっしりしたリフ、それに乗るドライブ感の強い楽曲、US土着のCoutry・Blues・Southern Rock・80年代Hard Rock/Heavy Metalをベースにそれらをしっかり咀嚼し消化しきって、今の音質・今のアレンジで、骨太だけどキャッチーなサウンドを作り上げてきたと思いました。現代においてはシンプルな部類の曲構成、必ず入るギターソロ、しかも音数ではなく熱さとフレージングで聴かせるタイプを当てはめ、歌の一音ごとにシンプルな詞を載せて、どの曲にもはっきりとしたキャッチーな聴かせどころがあり、詞が音に乗って耳や心に伝わり易くなっていると感じます。明確なお手本となる具体的なバンドを挙げるのが難しそうですね、個人的に経験した範囲では、近い雰囲気のバンドだとSPREAD EAGLEとか、PUNK色の薄いSKID ROWとか、骨太にしたMOTLEY CLEWとかになるのかも。

素朴でCoolなRockの味わいを今の音で楽しむ、彼らはまさにそれを絶妙なブレンドで提供してくれたんだなと思います。US土着的な雰囲気の曲でも、聴き込むと味わいが出てきた感があります。良いアルバムだったと思います。

投稿者:X(Peke)|カテゴリ:USA、Canada
スポンサーサイト
2016/07/26(Tue)

投稿者:スポンサードリンク|カテゴリ:-

コメント:-|トラックバック:-
コメント一覧
コメントを書く




最近乗せたアルバムの絵
MIND MAZE Back From The EdgeANTHROPIA-Non-Euclidean Spaces DEGREED We Dont Belong
ブログ村バナー
にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
にほんブログ村
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
プロフィール
QRコード
qrcode
スポンサー広告
Powered By JUGEM
無料ブログ作成サービス JUGEM