専守防衛の何が悪い?
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小


スポンサーサイト
2016/07/26(Tue)

一定期間更新がないため広告を表示しています


投稿者:スポンサードリンク|カテゴリ:-

コメント:-|トラックバック:-
BURNING BLACK / Mechanichell
2010/04/30(Fri)00:41
JUGEMテーマ:HR/HM
気に入り度★★★★☆
Italia出身と見られる5人組、2009年後半リリースの2枚目、正統派Heavy Metal Album。かなり気に入ってます!

のっけから噛み付いて切り裂くようなVoが炸裂するOur Sentenceと、それに続くタイトル曲Mechanichellで余す所なく持ち味を見せ付けます。スピード感溢れるHero Of The Century、終盤でアルバムを軽快に締めくくるMessengers Of Hellなどなど、聴き所が満載です。



USのバンドのテイスト(本人達はLIONを引き合いに出してます)と欧州の正統派の感覚をブレンドさせた、甘すぎない程度にしっかりメロディアスで、あくまでも雄々しくパワフルなリズムセクション、はちきれんばかりの迫力満点なVo、正統派が持っていて欲しい要素をしっかり満たしていると思われます。個人的にはドイツ出身のBRAINSTORMや初期のSQUEALERに雰囲気が近く感じます。特色は初期BRAINSTORMに通じる破天荒で無制御一歩手前の切り裂くDan AinlayさんのVoで、Rob Halfordさんを若々しくし、濁声気味に、高域でスクリームそのままに歌い上げる頑丈なノドが新鮮です。スピードを落とした曲で印象の薄いものも有りますが、それでもメロディーをしっかり練って、アルバムにただのメリハリ以上の効果を齎そうとしているのが解ります。ギターは主に主旋律のバックアップと、ガッツリした骨太でメロディアスなリフを叩き出してくれます。

曲ごとにインパクトの強さにバラつきが有る気はしますが、迫力の有るインパクト満載の曲がこれからずっと歌い継がれれば、全然問題ないと思います。主戦場を欧州に据えて、先輩バンドでは中堅で手堅く好盤をリリースしているMANTICORAWHITE SKULLなどとツアーで廻って、お手本や良い見本をどんどん吸収して欲しいです。今後が楽しみです!!

投稿者:X(Peke)|カテゴリ:Latin Europe
スポンサーサイト
2016/07/26(Tue)

投稿者:スポンサードリンク|カテゴリ:-

コメント:-|トラックバック:-
コメント一覧
コメントを書く




最近乗せたアルバムの絵
MIND MAZE Back From The EdgeANTHROPIA-Non-Euclidean Spaces DEGREED We Dont Belong
ブログ村バナー
にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
にほんブログ村
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
プロフィール
QRコード
qrcode
スポンサー広告
Powered By JUGEM
無料ブログ作成サービス JUGEM